体のメンテナンス「体のメンテ」をやってます??緩消法のすすめ

体のメンテ 緩消法 坂戸孝志

意気込んで(投資もして)新しいブログをスタートさせた割りに 全く更新ができずに少し焦っております(笑)

定年後の生き方を充実させる為にスタートしたブログですが、 今は仕事が充実してるから仕方がありません。自分を納得させる為の 言い訳からもしれませんが、本当なので仕方ないでしょう!

どんなに忙しくても毎日、続けている事があります。それがタイトルにもある体のメンテナンス、通称「体のメンテ」であり 「緩消法」です。

パソコンを購入する時はソフトとハードを検討すると思います。人に置き換えるとソフトは考え方にあたり、ハードはずばり体そのもの になると思います。

「体のメンテには気を使ってます。人間ドックにも毎年いってます」

という方は多いですが、もっと身近な肩こりや腰痛はそのままに してる方が多いです。肩こりを「俺は仕事をしてるから」という勲章にしてるのか?と疑いたくなる方もいます。

この肩こりも酷くなると脳梗塞に繋がるケースもあります。 馬鹿にしてるととんでもない目にあいます。

 

腰痛と肩こりから無縁の体を

 

数年前から肩こりと腰痛に悩まされるようになりました。5年前にフルマラソンに挑戦した後の数年間は膝痛にも悩まされました。

整形外科や整体にも暫く通いましたが、行った時は良くなるもののちょっと行かないと痛くなります。継続的に通う必要がありました。簡単にいうと整形外科や整体では肩こりや腰痛は治らなかったのです。

これは僕の場合かもしれませんが、気が付けば問題の根本的な解決ではなく「対処」だったんです。先生方は親身になって話も聞いていただき、よくしていただいたのですが僕の臨んだ形ではありませんでした。

本やネットで情報収集して色んな方法を試しました。

試行錯誤してる中、一番効果があって1年以上続いてるのが坂戸孝志さんが考案した痛い箇所を緩める「緩消法」でした。

 

筆者も交通事故で酷い腰痛に悩まされ、医者からも見放されるほどの症状だったそうです。一生動けないままの体からオサラバするために編み出した方法だそうです。

簡単に書くと凝りや痛い箇所を強く押したり揉んだりすると、患部を余計に緊張させるため逆効果であること。マッサージで強く押してもらうと気持ちがよく、効いてる気がしますが気持ちがいいだけで問題解決にはなってなかった訳です。

普段、マッサージに通われてる方が本の内容を実践すると物足りなく感じ「こんな方法で治るのか?」と思うはずです。僕がそうでしたので。

「緩消法」が素晴らしい理由を紹介します

  1. 一人でできる(力がいらない)
  2. 場所がいらない(手足を拡げるスペースがあればOK)
  3. 時間がかからない

 

まず人の手助けがいりません。一人でできるというのは大きいです。好きな時にできる訳ですから。

そして特殊な機械がいる訳でもなく寝転がった腰を捻った時に足があたらないスペースがあればOKです。

緩消法に時間がかからないのも助かります。どうでしょ? 一通りやって10~15分ほどでしょうか?

施術に要する時間だけでなく、自宅でできるので整体などに行くまでの時間、待ち時間などに要する時間も節約する事ができます。その時間を他の事に有効に使えます。

それでいて効果がはっきりしてるので僕としては文句なしの方法です。

ちょっとしたコツが必要です。Youtubeで坂戸孝志で検索するといろんな動画を見る事ができるので参考にしていただければと思います。

本にも書いてますが、患部を押さえる指に力を入れないこと。極力、リラックス(脱力)して行う事がポイントです。

上手くできると臀部がタルタルになる事が実感できます。このタルタル具合が上手くできたかどうかの目安です。

腰痛とは筋肉の緊張からくる事が多いようです。緊張により骨が本来あるべき場所からずれる事もよくありません。骨盤(特に仙骨)のずれはポイントとなるようです。

肩こりも腰痛が無関係ではありません。本によると肩こりは腰から来てる部分も多いとの事で、 肩こりが酷い時は、まず腰を緩める事から始めるといいようです。

肩こりこそ人に押してもらいたくなりがちですが、一人でできる緩消法は素晴らしいと思います。

 

腰に関する施術も書かれてますが、最初に紹介させていただいた本が詳しいです。2冊読んでいただく事をオススメします。

若いうちは打ち身なども自然に治ります。

筋肉が柔らかいから治る訳で、40歳も過ぎると古く固くなったゴムのように弾力もありません。自然治癒が期待できないからこそ、体のメンテが必要な訳です。

仕事の都合、長時間運転も多くなりますが1時間も座りっぱなしだと腰が痛くなります。年齢を考えると仕方がない事で、これは腰痛とは言わないと解釈してます。当然の事です。

自分の体を理解し上手に付き合っていく必要があります。

もし何をしても「腰痛、肩こりが良くならない」という方は一度試してみては如何でしょう??

「緩消法で治らない」という方に試していただきたい4つのメソッド

2018.05.26

緩消法のコツ。より効果を高めるため体幹力を鍛えます

2018.03.17

独学で習得した緩消法のコツ。ポイントは「支点」「リラックス」

2018.02.12
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です