ピロリ菌の講演から学んだこと。「胃がんは防げます」正しい知識を見に付けよう!

ピロリ菌

ピロリ菌はいない方がいいらしい

 

先日、高知県医師会主催、「県民健康フォーラム2017」の ピロリ菌ってなに?というという講演を聞いてきました。

僕も今年、ピロリ菌の検査を行い除菌をしました。

そうです。検査の結果、しっかりとピロリ菌がおりました・・

国立国際医療研究センター国府台病院より上村直美病院長の 「ピロリ菌に関する最新の話題」という話が面白かったです。

先生の話で一番の衝撃は胃がんは防げるという内容でした。

今も不倫ネタで弄られてる宮迫博之さんは2012年に 胃がんで入院されました。ステージIAと本当に初期段階で 見つかったので大事には至りませんでした。黒木奈々さん フリーアナウンサー)は2015年に32歳という若さで 亡くなりました。

胃がんでもスキルス胃がんは進行が早く、若いうちに発症 すると死亡率が高いと聞いてた事で「胃がんは恐ろしい」という 認識でした(黒木奈々さんはスキルス胃がんでした)

ピロリ菌非保持者は胃がんにならない

 

上村先生の研究ではピロリ菌非保持者(生まれて一度もピロリ菌が いた事のない人)の胃がんは見たことがないそうです。

そして10代のうちにピロリ菌を除去した人で胃がんになった人も ほとんどいないそうです。

そもそもピロリ菌がいたから確実に胃がんになるという訳ではないのです。 ピロリ菌により胃の荒れた状態が続く事で細胞が突然変異しがんとなる訳です。

アメリカでは胃がんは助からない病気と認識されてるようですが、 上村先生に言わせると「胃がんは風邪と一緒、治る病気」です。

そこまで言っていいのか?と思えるほどですが、聞く側からすると その自信が安心に繋がりますよね!

 

まずはピロリ菌の検査を(早めに)

 

まずはピロリ菌に感染してるかどうかの検査を早めに行う事。

2013年2月にピロリ感染胃炎に対する除菌治療が保険適用に なりました。保険の適用には内視鏡検査が必要ですが費用の負担が 軽くなってます。

※後述しますが、胃がんと分かってから治療をすると
 1日、40000円の治療が必要になったりします(汗)

胃がんになれば手術に入院も長くなります。費用も大変ですが 体への負担も相当なものとなります。

保険でカバーされるといっても国の負担も半端じゃないです。 負担しきれるとは思えませんよね。

【関連記事】
ぶらさがらない生き方

内視鏡検査(胃カメラを飲む)に抵抗がある人へ

僕もやってみて分かりましたが、内視鏡検査は聞いていたほど 辛くはありませんでした。鼻から細い管を通しますが、鼻の穴の どちらが広いか確認してくれます。

僕は未経験ですが、口から管を通す方法の両方を経験した方の話では 苦しさが全然違うそうです。(もちろん鼻からが段違いに楽との事)

人によって違うとは思いますが、僕は5分ほどの検査でした。 計ってた訳ではありませんが10分は掛かってないと思います。

僕の場合、胃の状態を見ただけでピロリ菌は間違いなくいる、 という医師の見解でしたが血液検査の結果は陰性でした。 (胃の表面が相当荒れていたため)

胃がんの恐れもあるという事で再検査をしました。 「念の為」という事で呼気検査を行うと何と陽性でした。一つの検査だけでは正確な事はわからないという事ですね。

ピロリ菌がいて喜ぶのも何ですが、胃がんではないとわかって安心しました(笑)

呼気検査は数分で終わります。本当に簡単ですので検査を するなら呼気検査がオススメです。病院で「呼気検査をしてください」 が通るのかは不明ですが、僕のようなケースもあるので複数の検査をすると間違いないと思います。

ちなみに会社の健康診断でバリウムを飲んでるから大丈夫! と思ってる方もおられると思います。あの検査でわかるほどの胃がんは かなり進んでると思った方が良さそうです。検査の意味がないように思いませんか??

上村先生が言われた「胃がんは風邪と一緒、治る病気」というのは 早期発見が大前提です。つまり早めの検査が必須です。

人によって違うとは思いますが内視鏡検査は思ってるほど 苦痛なものではありません。早めに検査をする事をオススメします。

人は何らからの形で死にます

何で死ぬか分かりませんが予防できる事は予防したいですし、 死ぬまでは出来る限り健康で楽しくいたいと思ってます。

僕は医者ではありません。

勉強してる訳ではありませんので知らない事だらけです。

自分の為、必要な正しい知識はどんどん身に付けたいと思います。

今回、検査に行って気づいた事の一つがお医者さんと会話が 成立しない事です。先生はかみ砕いて話してくれてるのだと思いますが、 それでも理解ができないんです(汗)

せっかく話を聞いても正しく理解できてないと間違ったことをしてしまうかもしれません。それはあまりにも残念ですよね?

この記事ではピロリ菌、胃がんをテーマに書かせていただきましたが、他にも体や病気に関する事を見に付けていきたいです。今回のような講演は積極的に参加していきたいですね!

【併せて読んでいただきたい記事】
ぶらさがらない生き方
体のメンテナンス「体のメンテ」やってます??緩消法のすすめ
充実した生活は健康な歯から。歯磨きのモチベーションを保つたった一つの方法。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です