ブログのタイトルが「サラウンドに嵌った男」で始まる理由

こだわり

それは思い入れがあり僕にとって大切なフレーズだから

 

理屈では無い「こだわり」

 

SEOについて勉強中で全く理解ができていませんが、恐らくSEO的にはこのタイトルは良くないのだと思います。それでも僕にとっては外す事ができないこだわりなんです。

 

2008年5月11日に「サラウンドに嵌った男のブログ」というブログを始めました。そして今でも初投稿の記事を見返しては色んな思いにふけっています。

このブログでは映画のレビュー、それもサラウンドを中心に書いていきたいと思います。ネットを徘徊しているとブログやHPで色んな映画の紹介を見る事が出来ますが、サラウンドに特化したレビューは少ないですよね?

僕も映画を見るにあたってサラウンドだけで内容に全く関心が無い訳でもなく、ちゃんとストーリーに感動もします(笑)

けど僕の中に内容より、サラウンドの効き具合を求めている自分が居てる訳で・・。部屋をホームシアター(なんちゃってですけど)にしている以上、音の部分に拘りたいんです!

文章は下手なんで「図」を取り入れたり、ちょっと工夫をして紹介する事が出来たら・・、と思ってます!

これからホームシアターを導入しようと考えている人に、これぞ「サラウンドーーっ!」という映画を紹介出来ればと思います!(笑)

最初はエクセルを使って図説していましたが、途中から完全にさぼってます(笑)

この部分を見る度「あ~、最初の志を続ける事ができなかったな~」と思いつつ、更新頻度は下がりつつも止める事なく続けてるなな~、と自分で慰めてみたり・・(^▽^;)

ある日、料理など他に興味を持った事なども書きたくなり、タイトルを「サラウンドに嵌った男は他の事にも嵌ってます(笑)」に変えました。その時も「サラウンドに嵌った男」を使う事は自然の流れでした。

これまでのブログ人生で知りあう事のできた方たちに「これからも宜しくお願いします!」という気持ちも含まれています。

という事で仮に「そのブログ、タイトルだけは変えた方がいいよ」とアドバイスをいただいたとしても、これだけは譲れないと思います。書いていて分かりましたが、自分が思っている以上に大切にしているようです。

あと自分で言うのも何ですが「サラウンド(音)」には相当、こだわったと思います。まだまだ不十分でやれる事は沢山あるのですが、かなり打ち込んだと思います。

そんな気持ちもあるのかもしれません。

これからも「この記事を書いた時の気持ち」を大切にしつつ、楽しみながら(大事なところ)このブログを育てていきたいと思います!

 

【関連記事】
ブログを通じて「新しい生き方」に挑戦します

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です