【書評】イチローや大谷翔平が努力を続けられる技術を垣間見た!

ダントツになりたいなら、「たったひとつの確実な技術」を教えよう エリック・ベルトランド・ラーセン




イチローや大谷翔平は努力をし続けられることが凄いのであり、それが才能だと思ってました。

しかし、それは才能ではなく技術なのです。

エリック・ベルトランド・ラーセンという元軍人の生い立ちから現代に至るまでの話をふまえた内容は、日々に活かせることが多く、とても参考になりました。

今回、Kindle Unlimitedで出会えたのは本当にラッキーでした!

kindle 辞書

Kindleの活用、辞書機能が便利過ぎて手放せなくなりました。

2019年2月24日

 

 

 

エリックから学んだこと

夢を実現させる人と、させることができない人

イチローや大谷翔平のように超人的な結果を出す人や夢を実現させる人と、そうでない人との違いはなんでしょう??

それは「やるか、やらないか」です。大多数の人は「やらない人」なんですよね。

僕の「やらない」を挙げさせていただきます

  1. 忙しいことを理由にブログの懇親頻度を増やさない
  2. LINEのゲームをやめたいけど、ついついやってしまう
  3. 間食を我慢したいけど、ついつい食べてしまう

エリックのいう技術とは?

やる人になるために必要な技術とはメンタルトレーニングのことです。

自分が思っているよりも、はるかに上に行ける

素敵な言葉じゃないです??

確かに僕がイチローや大谷翔平にはなれませんが、今より少しでも良くなれるとは思うんです。

このブログのPVや収益の成長は恐ろしくスローですが、これも自分で制限をかけていることが原因かも??と思えてきました。

仕事メインということや時間がないことを理由にしていますが、そうじゃないんですよね。

僕の3つの「やらない」を挙げさせていただきましたが、エリックのいう技術の一つで時間を確保することができそうです。

 私はかねてから「ダントツの人」に興味があった。自分で決めた高いハードルをクリアできる人、他人の目にダントツと映る人。彼らには、他の人と何が違うのか?私はこの疑問に系統的に取り組んできた。徐々にわかってきたのは、驚くほどわずかな違いが大きな差を生むということだ。
たぐいまれな結果を出せる人は、普通の人が見落としそうな小さなことに心を砕いている。大部分の人が見逃している日々のちょっとした習慣に気をつけている。ひと言でいうと、日常の小さな「正しい決断」を下すのが上手なのだ。

日常の正しい決断というフレーズでLINEのゲームを止めることができました(本当です)

スマホ ゲーム やめる

スマホのゲームをやめることで得られた「5つ」のメリットの紹介です

2019年3月17日

 

仕事のある日は6時過ぎに起きてますが、5時過ぎに目が覚めることもあります。今までは二度寝をすることが当たり前ですが、今はブログを書くために起きてます。

ここで大事なことがあります

僕の夢や目標とは??

いつまでもかみさんと仲良く、健康で楽しく生きていきたいです。年金がもらえるようになるまで再雇用で仕事をイヤイヤするような老後は嫌です。

自分の好きなことを情報発信しながら生きていければ・・、と思いブログも書いています。

石鎚山山頂にて

ブログを通じて「新しい生き方」に挑戦します

2017年8月20日

早朝からブログを書くのはブログを書くことが目的ではありません。頭に描く夢のために書いてます。

よく子供に勉強をさせるため、おもちゃを買ってあげる!という話を聞きますよね?しかし子供が勉強をする動機が「おもちゃを買ってもらうため」では具合が悪いです。

「おもちゃ」などの物(エサ)で釣られるのではなく、夢や目標、またはなりたい自分が動機になるべきです。

どういうことか?

過去の成功体験を思い出して欲しいです。嬉しかったり感動したようなことです。誰にでも何かあると思うんです。

夢や目標を達成することで得られる感動をイメージするんです。

僕の場合、例えばかみさんと旅行に行って体験したことをブログに書き、それが収益に繋がっていくような話です。いや、最高ですよ!

そういったイメージが具体的に描くことができると、二度寝せずにブログを書くことが苦痛じゃなくなります。

今までLINEのゲームをしていた時間に読書をしたり、ブログのことを考える時間にすることができます。

他にも技術についてのポイントが書かれています

オリンピックなどを見てると解説者がよく「○○○選手は今、ゾーンに入ってますね」というフレーズを耳にします。

これはスポーツに限らず、仕事にも通じる話です。もっと言うと仕事に限らず、至るところで応用することができるはずです。

例えばブログが上手く書けない時は、上手く書けた時がどんな状態だったか思い出すんです。音楽を聞いてたか?時間は?体調は?精神状態は?

もしスラスラ書ける時は、その時がどんな状態だったか記憶しておくことが大事です。これも技術です。

他にも為になることが数多く書かれています。

他の人と同じことをしていたら、ダントツにはなれない。大部分の人は、本を一回しか読まず、最高のことを学ぶ機会を逃してしまう。あなたが例外になりたいのなら、最後までこの本を読んだ後、今度はノートとペンを片手に、もう一度読んでみてほしい。

この本を再読し、あなたと自身との対話に活用し、メモを取り、深く考え、あなたをよく知る人とじっくり話をすること。

この部分が最も響いた技術かもしれません。

素敵な本との出会いでした!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です