緩消法で筋肉を無緊張状態に仕上げる。一生、痛みから解放される唯一の方法です。

緩消法 コツ




腰痛や肩こりなど、体の痛みから解放されたくて緩消法に取り組んでいます。緩消法で目指す究極の状態が筋肉の無緊張状態です。

痛みが消えた状態を治ったとは言いません。筋肉の無緊張状態とは痛みが2度と発生しない状態です。緩消法では、その状態を「治った」と言います。

緩消法をひろめる「腰痛アカデミー」では15000人以上の方が会員としておられ、その活動は10年以上の実績があります。これは本物といっても過言ではないでしょう。

僕は本やネットで情報収集をしながら試行錯誤をしていますが、残念ながら無緊張状態に到達できていません。悲しいかな、一人でやっていると知らず知らずのうちに正しいやり方から脱線していることがあります。

この記事は僕の緩消法の歩みです。脱線していないか確認のツールとしても活用してきますし、この先に進化していく記事となります。

そして、この記事が腰痛や肩こりなど体の痛みを抱えている方の役に立てると嬉しいです。

 

緩消法で筋肉を無緊張状態に仕上げるために

無緊張状態とは??

「筋肉を無緊張状態に」と書いていますが、どのような状態でしょう??

想像以上に軟らかい状態で、腕を軽く曲げた時の肘の下の部分が目安だそうです。腰回りの筋肉を無緊張状態に持っていくことができれば、痛みから解放されるそうです。

You Tubeで坂戸先生の無緊張状態を見ることができます。


坂戸先生の状態を自然な状態であることがわかりますが、僕は左の方くらいでしょうか??無緊張状態とはほど遠い状態です(汗)

緩消法で筋肉が軟らかくなっていくと腰椎の横突起に触れるようになるそうです。

 

緩消法のコツ

毎日、同じことをしていると「正しいやり方をしている」という思い込みから、間違えたやり方になっていることがあります。

最近の間違いは施術前の太ももの叩き方です。叩く時の力の加え方は太ももの付け根に向けますが、忘れて力を真下に加えていました。

定期的に本や動画を見直したり自分の書いた記事を見返していますが、他にも間違ってやっているかもしれませんので要注意です。

「独学で習得した緩消法のコツ。ポイントは支点、リラックス。そして姿勢」で書いた内容の他、最近、新たに学んだコツの紹介です。

緊張した筋肉に指を当てて施術をしますが、本や動画では「軽く指をあてて」という表現がイマイチ不明瞭です。下の動画で具体的な指のあてかたを説明されていました。

 

あてる力は500gだそうです。500gという力加減が実際どの程度のものなのか量りで確認をしてみると、今まで僕の力加減は軽すぎました。

これからは力加減が狂っていないか、定期的に量りでチェックすることにします。わざわざ量るのは面倒ですが、料理の時にちょっとチェックするだけです。簡単ですよね!

本では立って施術を行っている説明が多いのですが、動画などでは座った行っていることもあります。

コツとして支点を動かさないことが大事なポイントと思っていますが、立膝でやると上手くできているような気がします。

緩消法 コツ

図では両手であてていますが、僕は体が硬いせいか片側ずつの方が上手くできるようです。両手の方が時短にはなりますが、治すことが目的です。より丁寧にやりたいので片側ずつ施術するようにしています。

本を見て復習することは基本です。何度も読んでいるはずの部分も、回数を重ねていると新たな気付きがあったりします。

created by Rinker
¥575 (2019/06/17 03:21:20時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,296 (2019/06/16 20:49:08時点 楽天市場調べ-詳細)

 

緩消法で痛みが消えない方に

まずは正しいやり方をマスターすることも大切ですが、普段の習慣も同様に大切です。足組をしたり荷物の持ち方が悪いと、治るものも治らないです。

緩消法 腰痛

「緩消法で治らない」という方に試していただきたい4つのメソッド

2018年5月26日

動画で坂戸先生が「正しいやり方をマスターする前に緩消法を批判する方の存在を残念がっています。当然です。

動画ならまだしも、本の写真や活字だけで正しいやり方をマスターすることは難しいかもしれません。僕が試行錯誤をしているのも、そのせいです。

腰痛アカデミーでは全国で無料のセミナーが開催されていて、公式ページの「自分で治せる「腰痛くらぶ」無料体験学習会 開催日程」で予定が公開されています。僕も機会があれば参加をしたいと本気で思っています。

最後になります。腰痛や肩こりなど、体の痛みから解放されたいと思っているなら本気で取り組まないといけないと思います。

坂戸先生は動画などで「緩消法は結果がでるのが早い施術」と紹介をされています。もし効果を感じることができない場合、やり方が間違っている可能性を疑い試行錯誤を繰り返して欲しいです。

実際、僕も「最近、よくならないな・・」と感じて本や動画、そして自分の記事を見返すと間違いに気づくことが多いです。

諦めずに戦う気持ちが大事では無いでしょうか??大袈裟かもしれませんが、それくらいの気持ちで臨めば夢の筋肉の無緊張状態に近づけるのでは??

そう信じて日々、戦っていきたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です