「ボヘミアン・ラプソディ」サラウンドとストーリーが秀逸の映画でした

ボヘミアンラプソディ サラウンド




映画「ボヘミアン・ラプソディ」を視聴しました。ブログDEロードショーの「第3回 春の感涙祭」で絶対に見たいと思っていた映画をようやく見ることができました。

多くの方が「感動して涙が止まらなかった」と言っているように内容が素晴らしかったのですが、サラウンドをやってる者としては音も感動をした映画でした。

ネタバレを含みます。未見の方はお気をつけください!

ボヘミアン・ラプソディ(2018) 原題「BOHEMIAN RHAPSODY」

1.解説・あらすじ

解説:「伝説のチャンピオン」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった数々の名曲で知られるロックバンド、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの伝記ドラマ。華々しい軌跡の裏の知られざる真実を映す。『X-MEN』シリーズなどのブライアン・シンガーが監督を務めた。ドラマシリーズ「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」などのラミ・マレック、『ジュラシック・パーク』シリーズなどのジョー・マッゼロらが出演。フレディにふんしたラミが熱演を見せる。

あらすじ:1970年のロンドン。ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)は、ボーカルが脱退したというブライアン・メイ(グウィリム・リー)とロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)のバンドに自分を売り込む。類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、さらにジョン・ディーコン(ジョー・マッゼロ)も加わってクイーンとして活動する。やがて「キラー・クイーン」のヒットによってスターダムにのし上がるが、フレディはスキャンダル報道やメンバーとの衝突に苦しむ。
※Yahoo映画より

 

2.感想

「音楽モノ」という先入観がありましたが、フレディ・マーキュリーの伝記として物語がしっかり作り込まれた映画でした。

クイーンについては世代ではありませんので、有名な曲を知っているくらいの知識しかありませんでした。その程度でしたのでフレディ・マーキュリーやクイーンのメンバー。そして家族や奥さんとの話に感動させられました。

フレディ・マーキュリーの人生は家族、特に父親との関係(確執)が大きく影響しているようです。この映画のキーワードの一つは「家族」ですが、父親の「善き思い」「善き言葉」「善き行動」という言葉も印象深いです。

最後のライブ・エイドの出演前、自宅での会話に胸がつまりました。「そこでそう繋がるか!」と。フレディはストレートに子供を認めることができない父親のもとで育ち、家族の愛に飢えていたように思いますので、万全の状態でライブに望めたのではないでしょうか?

誰しも人は「人に認めてもらいたい」という承認欲求があると思います。フレディにとって父親に認められる、ということは大きい意味があったと思いますので・・

メンバーとも「家族」という言葉で繋がりにこだわっていましたし、結婚する時は「何があっても指輪を離さないで欲しい」と言っていました。それも父親との確執が影響していると思うのは気のせいでしょうか?

結局は自分の利益だけを考えて群がる連中(フレディはハエと言ってました)に迷走しますが・・

フレディはメンバー、奥さん(新しい夫)、父親を始めとした家族に恵まれました。迷走をしても見放さず、深い愛をもって見守る家族の存在には感動させられました。

クイーンの音楽に対するこだわりも見どころです。「常に新しく同じことはしない」というチャレンジ精神や、曲作りへの半端ない熱量を上手く伝えてくれます。

アルバム作成のため、農場にこもるシーン。ボヘミアン・ラプソディの録音ではテープが擦り切れるほど音を重ねます。フレディだけではなく、メンバー全員の執念とも言えるほどのこだわりです。

出来上がったアルバムからシングルカットを選ぶ時のスポンサー?との打ち合わせも良かったですね!当時、ラジオで流す曲は3分以内が当たり前の時代、6分もあるボヘミアン・ラプソディは選択肢に入らなかったようです。自信とこだわりがあってこそのストーリーでした。

きっと映画では伝えきれないほどのストーリーがあったと思いますが、本当によく作られています。

 

3.サラウンドについて

音は良かったですね!歌が良いのは勿論ですが、視覚的効果との相乗効果で鳥肌が立つほどでした。FOXのオープニングからクイーン仕様になっているあたり、この映画へのこだわりがわかります。

特にドラムが好みで、観客が一体となり「ドン・ドン・パッ!」と足踏みをするWE WILL ROCK YOUは歓声との合わせ技でホームシアターにしていて良かったと思いました。

ある程度の音量で聞くと本当に臨場感豊かで感動させられます。ライブの歓声などは各スピーカー(特にリアとフロント)の繋がりが良ければ、5.1chでもかなりの臨場感が味わえると思います。

HIVI(2019年5月号)は「君たちは本当のボヘミアン・ラプソディを聴いたことがあるか?」という特集が組まれています。

音に関して一つの映画がここまでの特集を組まれることは珍しいと記憶していますが、見ごたえのあるシーンをイラストを使い、どう凄いのか?が一目瞭然でわかる誌面になっています。

created by Rinker
¥1,296 (2019/09/23 21:35:44時点 楽天市場調べ-詳細)

我が家のホームシアターは5.1chの本当に基本的な構成です。良かったのですが、HIVIで書かれているほどの体験はできませんでした。これが5.1chとアトモスとの違いでしょうか?

 

例えば最後のライブシーンでは、あたかも視聴位置が観客のど真ん中に移動したかのような臨場感に包まれるそうです。隣に英語で喋っている人がいるような感覚です。

我が家で、そこまでの感覚はありませんでした。スピーカーの数や設置場所だけではなく、使ってる機械のスペックでも差は当然あります。

雑誌ではドルビーアトモス目線で書かれており、通常のサラウンド(7.1ch)との差についても書かれています。アトモスと通常のサラウンドでは情報量に差があり、違っていて当然ですが眠っていたサラウンド熱が再燃させられました。

ドルビーアトモスの仕組上、一般家庭で鳴らし切るのは本当に難しいシステムです。5.1chの基本的なシステムでも、しっかり鳴らしてやれば十分に楽しめるはずと信じていましたが、どうやら違うようです。アトモス登場から数年が経ちました。ソフト自体のクオリティが上がってきてるのかもしれません。

劇場でも見ていませんので実際の迫力がどれほどのものなのか?興味がつきませんが、僕は劇場より完成度の高いホームシアターで視聴をしてみたいです。

ちなみに市販のソフトでドルビーアトモス仕様は4K UHD-BDのみで、通常のBDはDTS-HDマスター・オーディオ 7.1ch (ロスレス)です。

ホームシアターがアトモス仕様になれば必ず視聴したいソフトです。



4.総評

アカデミー賞で主演男優賞、編集賞、録音賞、音響編集賞を受賞していますが、納得の映画でした。主演のラミ・マレックだけではなく、皆の熱演が光っていました。

見た目が似てるだけでも驚きですが、皆が演奏して歌っているのでしょうか??本当に驚きです。ラミ・マレックはどこかで見たことがあると思えば、ナイトミュージアムのラーでしたか。ナイトミュージアムを思い出して笑っちゃいました(笑)

内容が素晴らしいだけではなく、サラウンドも楽しめる映画です。ホームシアターでサラウンドを感動できるオススメ映画、厳選2枚!(音楽系)の記事を「厳選3枚!」に書き換えないといけないです。

【点数】
内容:10点
映像:9.0点
音 :9.5点
総合:9.5点
※部屋をアトモスにグレードアップしたら再見です!

created by Rinker
¥1,296 (2019/09/23 21:35:44時点 楽天市場調べ-詳細)

 

4 件のコメント

  • クイーンについては私も有名な曲を知ってる程度ですが、知ってる曲は全部好きですね。
    心が湧きたつというか。
    音楽映画としても伝記映画としても楽しめたようで良かったです。サラウンド熱が再燃して、ブログの幅も広がるかも?
    今回もご参加ありがとうございました♪

    • >宵乃さん、こんばんは!

      >クイーンについては私も有名な曲を知ってる程度ですが、知ってる曲は全部好きですね。
      心が湧きたつというか。

      一番、印象に残ってるのはビールのCMに使われた「ボーン・トゥー・ラブ・ユー」です!
      その時はクイーンって人が歌ってたんだ・・、くらいでしたけど(笑)

      >音楽映画としても伝記映画としても楽しめたようで良かったです。サラウンド熱が再燃して、ブログの幅も広がるかも?

      サラウンド熱が再燃するのは怖いんですよね・・(^^ゞ
      けど追求してみたい気持ちもありまして・・・
      ただプレーヤーとアンプを買い替え、天井にスピーカーを
      2本は買い足さないといけないです。

      ・・・、暫くは無理です(笑)

      >今回もご参加ありがとうございました♪

      こちらこそありがとうございました!!
      今度はリアルタイムで参加できるようにします!!(^^)

  • >ブログDEロードショーの「第3回 春の感涙祭」で絶対に見たいと思っていた映画をようやく見ることができました

    >感涙祭でと狙っていて鑑賞出来て、ホントに良かったですね♪

    >フレディはメンバー、奥さん(新しい夫)、父親を始めとした家族に恵まれました。迷走をしても見放さず、深い愛をもって見守る家族の存在には感動させられました。

    そうですね、どこの家でも怖いと思う親は、実は心から愛してくれている存在なのだと、それが彼にも分かって良かったと思います!

    >劇場でも見ていませんので実際の迫力がどれほどのものなのか?興味がつきませんが、僕は劇場より完成度の高いホームシアターで視聴をしてみたいです。
    >ホームシアターがアトモス仕様になれば必ず視聴したいソフトです。

    是非、そうなさってくださいね・・・
    でも、この映画は、劇場で見知らぬ人と一緒に皆が感激している雰囲気を
    心底・体の奥から感じて見るのに適した作品だとも思います。
    40人ほどでしたが、あの時、見知らぬ全員が彼らの音楽に包まれたのは確かです☆

    昨日はコメントを有難うございました☆
    遅くなってごめんなさいね!

    明日からはまたお忙しい毎日だと思います。
    季節もどんどん変わってゆきます、ご自愛くださいませ~。

    .

    • >miriさん、こんばんは!

      >感涙祭でと狙っていて鑑賞出来て、ホントに良かったですね♪

      本当にナイスなタイミングでした!(*^^*)

      >そうですね、どこの家でも怖いと思う親は、実は心から愛してくれている存在なのだと、それが彼にも分かって良かったと思います!

      こうして書いていても思いますが、自分が子どもたちを褒めることができてるかな?
      と考えてしまいます。意外と照れくさかったりして、ちゃんと言えてないような・・(^^ゞ

      >是非、そうなさってくださいね・・・
      でも、この映画は、劇場で見知らぬ人と一緒に皆が感激している雰囲気を
      心底・体の奥から感じて見るのに適した作品だとも思います。
      40人ほどでしたが、あの時、見知らぬ全員が彼らの音楽に包まれたのは確かです☆

      なるほど・・、わかるような気がします!
      劇場内で知らない人同士が分かりあえるって素敵ですよね!
      あそこの映画館だったんですね!!懐かしいです(笑)

      >昨日はコメントを有難うございました☆
      遅くなってごめんなさいね!

      いえいえ、とんでもないです!!(^^)

      >明日からはまたお忙しい毎日だと思います。
      季節もどんどん変わってゆきます、ご自愛くださいませ~。

      このGWは2連休が2回のみと平常通りでして・・
      今日も仕事でしたが、昨日は財布を落として凹んでます(笑)

      頑張りましょう!!(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です