睡蓮鉢の金魚を外敵から守りつつ、飛び出し防止をDIYで簡単に!

睡蓮鉢 金魚




睡蓮鉢で金魚を飼っています。金魚の赤と白が睡蓮鉢によく映えますて癒やされます。

よく映えるということは外敵からも目立ちます。外敵から守る必要がありますし、金魚が外に飛び出す心配もしなくてはなりません。

そこで金魚を外敵から守り、飛び出し防止にも繋がるものを簡単なDIYで作ってみました。簡単に作ることができたので紹介をさせていただきます♪

 

睡蓮鉢の金魚を「外敵から守る」「飛び出し防止」

用意するもの

  • 角材(睡蓮鉢の直径に合わす)
  • 結束バンド
  • ワイヤーネット
睡蓮鉢 金魚 DIY

角材(3cm x 3cm x45cm)を4本

 

睡蓮鉢 金魚 DIY

結束バンド

本当は角材を1周できるバンドが理想だと思いますが、大量に余っていた結束バンドを使うことに。ちょっと手間ですが、十分に使うことができました。

睡蓮鉢 金魚

ワイヤーネット

 

作ることになった経緯

もともとワイヤーネットをネコやカラスから守るために睡蓮鉢の上に乗せて使っていました(上の写真のような使い方です)

しかし雨が降り、水かさが増した時、金魚が1匹飛び出してしまったのです(涙)

睡蓮鉢 金魚

ペットナビさんから画像をお借りしました

飼ってる金魚はコメットという種類で、フナやコイの尾びれが少し優雅になったようなタイプです。飛び出すほど活発ではない、と勝手な思い込みが事故を引き起こしました。

「同じ過ちを繰り返したくない」という気持ちからDIYで対策をすることにしました。

睡蓮鉢が満水になると金魚が飛び出すリスクが高まります。基本、満水にならないよう、気をつけますが、大雨で満水になってしまう時に万全を期したいです。

 

DIYで作った小道具

睡蓮鉢の直径にあわせた木枠の上のワイヤーネットで固定する方法を考えました。木枠と睡蓮鉢に隙間があっても、金魚が通らない隙間にすれば水だけ外に流れます。

1.結束バンドを木枠にあうように繋げます。

睡蓮鉢 金魚 DIY

木をネジで固定すればいいのかもしれませんが、電動ドライバーがないと結構、大変です(汗)

2.ワイヤーネットと木を結束バンドで固定していきます

睡蓮鉢 金魚 DIY

各辺を2箇所ずつ(両端)を固定していきます。思ったより、しっかり固定されます。各結束バンドが同じくらいの負荷がかかるように固定すると安定するようです。

睡蓮鉢 金魚 DIY

全て固定し終わった状態です

しっかり固定されたことを確認し、結束バンドの余った部分をカットしていきます。

4.睡蓮鉢の上に置く

睡蓮鉢 金魚 DIY

ワイヤーネットはカットしています!

思ったより上手く作れたかな?という印象ですが、4角の隙間から飛び出す可能性があります。

睡蓮鉢 金魚

三角の板を下に敷くなど、何らかの方法で赤丸の部分を塞ごうと思います。現状はカットしたトタン板で塞いでます。

※作って良かった点

1.ワイヤーネットと水面の間に木材の厚み分(今回は3cm)の隙間があります。カラスがワイヤーネットの上に乗っても金魚までは届かないのでは?と思います。

くちばしの長いサギに狙われたら心配ですが、住宅街にサギは来ないと信じたいです。

2.適度な隙間があり、満水になっても木枠が浮いたりはしないと思います。隙間といっても金魚が通れませんので流される心配もありません。

3.ワイヤーネットの格子も適度な広さがあるので、金魚がよく見え餌をあげるのも簡単です。

 

現状での不安点

数日が経過しましたが、金魚たちも穏やかに過ごしてくれています。ただ不安が無いわけではありません。

角を重しでレンガを置いていますが、ネコがその気になれば動かせるような気がします。

木枠の固定の仕方を工夫し、ちょっとやそっとでは動かないようにしたいと思います。ネコが飛び乗ったり、体当たりしてもビクともしない必要があります。

睡蓮鉢 金魚

我が家に来たばかりで、まだ警戒しながらの金魚たちです。1日も早く慣れて欲しいです。繁殖をさせることができたら・・、なんて考えています。

不安材料を無くし、金魚が穏やかに過ごせる環境にしていきたいです。

 

※飛び出し防止グッズが想定外の活躍をしてくれています

金魚の水替え 睡蓮鉢

自作をした「飛び出し防止グッズ」で水替えが簡単になりました。

2019年7月7日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です