むろと廃校水族館に行ってきました。子供も大人も満喫できるスポットです!




高知県の東端にある話題のスポット「むろと廃校水族館」に行ってきました。子供が楽しめるのは勿論ですが、大人も満喫できる施設でした!

子供が魚を見て楽しんでいる間、大人は室戸の歴史を学べるようにもなっています。魚ではなく室戸の歴史を子供の自由研究にするのも人と違っていいかも??

廃校を利用しているため展示方法には工夫が施されていて楽します。2018年4月26日にオープンして既に20万人以上の来場を誇る素敵な水族館の紹介です。

 

むろと廃校水族館の紹介

1.室戸市立椎名しいな小学校でした

むろと廃校水族館

水族館の入り口に貼られている案内です

 

「むろと廃校水族館」は室戸市の人口減少に伴い、廃校となった椎名小学校がベースとなっています。

小学校がベースになっているので、随所に見られる工夫が魚以上に楽しめる作りです。

 

2.屋内の魚たちの紹介です

 2-1.まずはぶりくじに挑戦

まずは廃校水族館で人気のぶりくじに挑戦です。1回1000円で挑戦をすることができ、ハズレ無しでサイズによって特等、2等、3等、4等にわかれています。

特等は軽く抱っこができるほどの大きさです。くじ運のない我々、夫婦は二人で4等をGETしました。どうです?可愛いでしょう!!

むろと廃校水族館 ブリくじ

ぶりのぬいぐるみ(4等)です!

触り心地のより可愛いぬいぐるみです!入場をされた方のほとんどが挑戦しているのでは??と思えるほどです。次回お邪魔した時も特等を狙って「ぶりくじ」をひくことになると思います(笑)

無事にぶりのぬいぐるみをGETをしたところで魚を目指して館内(学校)を進みます。階段の正面には子どもたちが「イカスミ」で書いた「うみ」が掲げられています。

むろと廃校水族館 廊下 階段

 

 2-2.タッチプール

教室に入る手前にある手洗い場にイセエビやナマコを触ることができる「タッチプール」があります。

むろと廃校水族館 タッチプール

黒板にタッチプールの説明書きが!

 

手洗い場をタッチプールにしています。外で遊んだ子どもたちが手を洗っていた場所です。他所の水族館では絶対にない作り!!

むろと廃校水族館 タッチプール

蛇口と取っ払った穴を塞いだ後があったり!?(笑)

 

むろと廃校水族館 イセエビ

イセエビや・・・

 

むろと廃校水族館

正体不明のでっかい貝(笑)

 

その他、見たことがないようなカニやヤドカリなど、多くの生き物を触らせていただきました。とてもアップをすることはできませんが、ナマコを噛じる風の写真も撮りましたよ!(笑)

更に進むとお待ちかねの魚たちのお出迎えです!

 

 2-3.アカウミガメなどのウミガメたち

むろと廃校水族館 アカウミガメ

ウミガメが泳ぐ丸い水槽というかプール!?

 

この水槽がよく出来ているんです!横から眺めるのも楽しいし、足場に登って上からだとウミガメが触れるほどの近くで見ることができます。興奮して足場にあがって間近にいるウミガメの写真を撮り忘れました(笑)

むろと廃校水族館 ウミガメ

こっちが見えてる??可愛いウミガメです♪

 

むろと廃校水族館 ウミガメ コバンザメ

コバンザメはコバンザメでした(笑)

全長1mくらいの大きなウミガメがいますが、居心地がいいのでしょうか?コバンザメがしっかりくっついていました。この大きなウミガメが水面に上がってくると迫力満点!!(上手く写真が撮れず)

 

 2-3.イスズミの放流

隣の部屋にはイスズミやカゴカキダイが沢山いる水槽がありました!

むろと廃校水族館 イスズミ カゴカキダイ

下の縞模様がカゴカキダイです!

 

朝、漁師さんから譲ってもらったというイスズミの放流に立ち会うことができました!

むろと廃校水族館 イスズミ

バケツに入ったイスズミたち

 

飼育員の男性が放流について説明をしてくれました。ちゃんと写真を撮るタイミングも作っていただきながらで有難かったです(笑)

魚が驚かないように水温を合わせてから放すそうです。

むろと廃校水族館 イスズミ

少しずつ水を入れていきます

 

そして・・

むろと廃校水族館 イスズミ

中に入ると、どの子だったかさっぱり分からなくなりました(笑)

この時、他の魚たちについて質問をいろいろさせていただきました。笑顔で説明をしてくれるのですが、仕事が本当に楽しいとのことで聞いていて気持ちよかったです。お忙しい中、本当にありがとうございました!

 

 2-4.サメの卵とハナオコゼの卵

むろと廃校水族館 ドチザメ

ドチザメの幼魚

 

パッと見はあまり可愛くありません。どちらかと言うと「うわっ!気持ち悪い!!」でしょうか?(笑)

すると水槽内にサメの卵らしきものを発見。

むろと廃校水族館 サメの卵

サメの卵

 

ドチザメの卵と思って見ていましたが、聞けば外のプールに産み落とされていた卵だそうです。1年後には幼魚が生まれると思われるそうですが、サメの種類は特定できていないそうです。

環境がいいのか水族館内ではどんどん赤ちゃんが生まれているんですね!

 

むろと廃校水族館 ハナオコゼ 卵

海藻に何やら絡まっていますが??(汗)

 

最初は何が海藻に絡まっているのか分かりませんでした。

むろと廃校水族館 ハナオコゼ

正面からでは分かりにくいですがハナオコゼです

 

飼育員さんに質問をするとナゾに思っていた不思議なものはハナオコゼの卵でした。実は5mmくらいのボウフラのような生き物が水槽内にいたのです。たぶんハナオコゼの幼魚なんですよね??

写真に撮ることはできませんでしたが、かなり興奮しました(笑)

 

 2-5.屋内のその他の魚たち

生き物と距離が近いので撮影が楽しいです。

今回、CANONのミラーレスカメラ「EOS Kiss M」で撮影しましたが、練習にもってこいの環境でした。

 

その他、カニやイセエビなど50種類、1000匹以上の生き物が展示されています!

 

3.屋外プールには感動の世界が広がっています

むろと廃校水族館 プール
屋内展示を見終えると、いよいよ名物のサメが泳ぐ25mプールのお出ましです!ドチザメの幼魚の水槽にあったサメの卵はここで産まれていたのです。
むろと廃校水族館 シュモクザメ
海で遭遇したくないシュモクザメがうようよと泳いでいます。プールで泳いでいると親しみが湧いてくるのは不思議です(笑)
むろと廃校水族館
サバやアジやイサキなど、室戸で捕れる魚たちが気持ちよくビュンビュンと泳いでいます。
もちろん他の水族館に普通に泳いでいる魚たちばかりなのですが、特筆すべきことは魚たちが限りなく自然に近い状態ということ。
むろと廃校水族館 シイラ

コバルトブルーのシイラ

サバやシイラは見事なまでのコバルトブルーで泳いでいます。釣りをする方には周知の事実ですが、釣り上げたばかりの青物は本当に青いです!伊達に青物とは言わないのですね。
この「青」は水槽の中にいるガラスごしでは分かりにくいのだと思います。降り注ぐ日にあたる魚たちの美しい「青」を見るだけでも価値があると思います。

 

その他、カワハギやウマズラハギなどを確認することができました。サメのエサになってないのでしょうか??ちょっと心配ですが、自然の姿なのかもしれません。

 

むろと廃校水族館 さかなのえさ

 

魚たちにえさをあげることもできます。水面がざわつくことが気になっていましたが、子供たちがえさをあげていたんですね!

よその子供たちがあげているのを見て楽しませていただきました。

 

むろと廃校水族館 プール

低学年用の小さいプールにはウミガメが!!

 

通っていた小学校にもありました。低学年用の小さいプールが!椎名小学校にもあったのですが、今はウミガメが気持ちよさそうに泳いでいます。

 

4.室戸の歴史がわかる展示物

学校の3階を中心には漁業が栄えた頃を中心とした、室戸の歴史がわかる展示物があります。

むろと廃校水族館 剥製

展示されている剥製

 

アザラシやペンギンの剥製が並んでいます。コブラやワニまでいます!昔、室戸にいた動物というわけではありません。

 

むろと廃校水族館 剥製

 

昭和22年から昭和35年までの人口は昭和30年をピークに3万人以上でした。その後は捕鯨禁止の影響などもあり減少の一途をたどり、今では1.4万人を割っています。

人口減により廃校となった学校は椎名小学校に限りません。

 

むろと廃校水族館 跳び箱

 

一見、工夫をこらしたお洒落な水槽に見えます。

跳び箱は廃校となった中学校から持ち込まれ、金魚は廃校となった他所の小学校から持ち込まれたものと聞けば盛り上がったテンションも下がります。

「持ち込まれた」ではなく「転入してきた」と可愛く表現されていますが、重くなります。考えさせられますよね・・

その他、学校で使われてたオルガンなどの楽器など、生き物以外の物が多く展示されています。昨今の人口減や少子化問題について子供たちが自由研究のテーマにしても面白いと思いますが如何でしょう??




5.施設について(アクセス)

 5-1.施設について

所在地:高知県室戸市室戸岬533−2〔地図〕
電話:0887-22-0815
営業時間:4月~9月  9:30 ~ 18:00
10月~3月 9:00 ~ 17:00
入館料:大人(高校生以上)600円
子供(小・中学生) 300円
未就学児は無料!
室戸市民は割引!

※室戸市観光協会の公式ページ

今回、コープで550円の前売り入場券を購入していきました。大人数で行く時はスーパーなどを見てみると少しお得かも?

 

 5-2.アクセス

 

高知市内から車で2時間と決してアクセスは良くありませんが、1周年で20万人以上の方が来られていると聞けば、この水族館が如何に魅力的か?ということがわかります。

室戸には、その他にも世界ジオパークネットワークに登録されている「室戸ジオパーク」もあります。

 

むろと廃校水族館 室戸ジオパークセンター

むろと廃校水族館と室戸ジオパークセンターの両施設を満喫してきました!

2019年10月2日

 

キンメ丼を食べることができる店もたくさんあります。仕事で通ることはあってもプライベートで行くことが少なかった室戸ですが、すっかりお気に入りとなりました。

室戸 初音 キンメ丼

室戸のキンメ丼!釜めし初音で満足した後は近所を散策!

2019年6月16日
室戸 キンメ丼 花月

室戸のキンメ丼!花月でスペシャルなキンメ丼を満喫!海鮮丼も凄い!!

2019年10月12日

 

サメの卵の今後も楽しみですし、ぶりくじではもっと大きなぬいぐるみをGETしなければなりません。また必ずお邪魔させていただきます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください