基礎代謝や筋肉量の6ヶ月の推移を調べてみました。努力は裏切らない!

体重 筋肉量 基礎代謝 推移




基礎代謝や筋肉量の推移が気になり調べてみました。

体重計で日々の体重と体脂肪の変化は把握するようにしていましたが、基礎代謝や筋肉量には無頓着でした。

ふと気になり過去データをチェックしてみました。

 

基礎代謝や筋肉量。骨量なども知ることができました。

 

うちの体重計は最新式ではなく、10年ちかく使っているものです。

毎日、使っていて極端な誤差がでるなどの症状はありませんので、数値は信用できるものとして話をさせていただきます。

 

体重を含めた半年間の推移を発表

 

体重 筋肉量 基礎代謝 推移

 

テレビのダイエット器具の紹介のような数値ではありませんが、納得のできる数値でした。

 

 1.基礎代謝

 

 

半年間、マラソンの練習をしてきたので基礎代謝も良くなっているかと思いましたが、劇的な変化はありませんでした。

1年前の数値があれば多少は違ったのかもしれませんが・・

タニタの公式サイト(各機能のご説明)によると男性の30~49歳の平均的な基礎代謝量は1500kcal/日だそうです。

30歳と49歳を一括りにしていいのか??という疑問が無いわけではありませんが(笑)

50~69歳の平均が1350kcal/日と一気に下がります。一方、18~29歳は1550kcal/日ということで、頑張ればそこに入れるのか?と励みになっています。

 2.筋肉量

 

 

体重 筋肉量 基礎代謝 推移

 

体重が1.95kg減っているにも関わらず、筋肉量は300g増えているのは喜ばしいことです。誤差と言われても仕方のない数値ですが、体重が減っても筋肉は維持していることを褒めてあげたいと思います。

 

 

 3.体内年齢は?

 

 

特に嬉しかったのは体内年齢の変化でしょうか??

 

体重 筋肉量 基礎代謝 推移

 

今年、48歳になりましたが10歳、若い38歳となっています。半年前に45歳だったことを思うと自分を褒めてあげたい数値です。

この数値の変化が何によるものか?基礎代謝をあげることが難しいのかもしれません。3か月前、5kcal/日あがるだけで5歳若くなっています。



結論

 

半年間の数値を振り返ってみましたが、結論は努力は裏切らないということです。

 

ランニング 体幹 

ランニングの練習報告(2019年6月)体幹を意識して走りました

2019年7月5日

 

毎月、ランニングの報告をさせていただいていますが、走るために日々、ストレッチや体幹トレーニングをしていることの成果だと思います。

 

 

僕は青山剛さんの本を参考に取り組んでいます。彼の「体の準備(筋力)が整わないうちは走らない」という考え方に共感できて頑張っています。

 

あとは努力というほどではありませんが、ちょっと姿勢を意識することの効果が大きいと思います。

 

正しい 姿勢

正しい姿勢を身につける!それだけで悩みの大半が解決します。

2019年1月19日

 

体幹トレーニングをすることで正しい姿勢を維持しやすいように思います。

正しい姿勢が維持できると血流も良くなり代謝がよくなるそうです。劇的な変化は望めないと思いますが、コツコツ続けることで体調は確実に良くなると思います。

実際に腰痛だけではなく、肩こりもほとんど気にならなくなりました。

確実に全てが好循環に作用している実感があります。この調子で頑張っていきたいと思いますよ!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です