Galaxy Note 10+(SCV45)を購入しました!Galaxyの凄さを初体験!




Galaxy Note 10+(SCV45)を購入しました!

発売日の翌日に購入と今までは考えられないことですが、あまりのスペックの高さと使いやすさに魅了されての購入です。

使って1週間ですが、感想をまとめさせていただきます。

 

take51
僕が購入したのはau版です

右がGalaxy Note 10+(SCV45)のレビュー

僕はKindleで読書をするため、画面は少しでも大きいほうが助かります。今まで使っていたXperia XZ3もそれなりの大きさがありましたが、Galaxy Note 10+の大きさがると全然違います。

 

Galaxy Note 10+SCV45 Galaxy Note 10 プラス

右がGalaxy Note 10+ です!

 

Xperia SOV39 レビュー

Xperia「SOV39」を購入!SOV33との比較も含めたレビューです。

2019年8月18日

 

今回、初めてSペンのついたスマホを購入することになりました。Sペンを含め正直、Galaxyの最新機能を使いこなすことができるか不安でしたが全くの稀有で、感動させられる毎日です。

とりあえず機能ウンヌンよりとにかく動作が速いです。この快適さを一度、味わうと他を使えないかも??新しいものはいいですね・・、改めて感じました。

 

1.画面が大きくて見やすい

 

今まで使っていたXperia XZ3も縦長の画面が非常に見やすかったのですが、Galaxy Note 10+は更に縦に長くなりました。

実際に画面をつけた状態で見比べてみます。

 

Galaxy Note 10+SCV45 Galaxy Note 10 プラス

もちろん右側がGalaxy Note 10+です

 

さっそくアプリを今までと同じように並べてみました。ちょっとの差ですが、Galaxyが少し大きくなったことで見え方が全く変わりました。

Galaxyはアプリを横に5列(ホーム画面のグリッドが最大5x6)並べることができます。Xperiaより1列多くなったわけですが、この差が非常に大きい!!

使用頻度の高いアプリに効率よくたどり着くため、このグリッドは有り難い仕様です。

 

【ディスプレイ】
約6.8インチ Dynamic AMOLED(有機EL)
Infinity-O Display
3040 x 1440 (Quad HD+)
498ppi

  • *婉曲したエッジ部分を除き完全長方形として対角線を測定したサイズです。
  • *解像度の初期設定はFull HD+、後からQuad HD+に変更できます。
  • *Infinity-O Displayとは、ほぼベゼルレスで全面フルガラスを採用、エッジからエッジまでフレームをそぎ落とした全画面ディスプレイです。

※公式ページより

どんな状況下でも鮮やかな画質を味わえるというダイナミックAMOLED有機ELディスプレイを採用とのことで、動画や自分の撮った写真などは恐ろしく綺麗です。

前に使っていたXperiaも有機ディスプレイでしたが、更に綺麗になっている印象です。とにかく鮮やかです!

この画面サイズの使い勝手の良さに大満足です。たかがサイズの話ですが、大事なところではないでしょうか??

 

2.開封してみました

 

高級感あふれるケースに入っていて中身はこんな感じです!

Galaxy Note 10+SCV45 Galaxy Note 10 プラス
梱包一覧
  1. 本体
  2. SIM取り出し用ピン(試供品)
  3. Sペン(ペン先交換キットを含む)
  4. AKGチューニングマイク付き高音質イヤホン(USB Type-c試供品)
  5. クリアケース(試供品)
  6. USBケーブル(C to C)
  7. 取扱説明書(小冊子)
  8. ご利用にあたっての注意事項 (小冊子)
  9. データ移行用試供品取扱説明書 (小冊子)

※充電器やmicroSDメモリカードやACアダプタは同梱されていませんので注意が必要です。

 

Galaxy Note 10+SCV45 Galaxy Note 10 プラス

AKGチューニングマイク付き高音質イヤホン(USB Type-c試供品)

 

イヤホンを使わないので興味はありませんでしたが、試供品とは思えない立派なものが入っていました。

今回の商品、事前予約者限定でワイヤレスイヤホンのプレゼントキャンペーンをやっていました。ちゃっかり応募していますので到着が楽しみです♪

今までイヤホンは使っていませんが、このプレゼントを機会に使うようになるかも??

 

 

Galaxy Note 10+SCV45 Galaxy Note 10 プラス ケース

クリアケース(試供品)

 

これは有り難かったです。僕は手帳型ケースを愛用していますが、新商品ということで調べても市販品のケースが少ないんです。

Xperia XZ3 SOV39 手帳型 カバー

Xperia XZ3「SOV39」の手帳型カバー。デザインと使い勝手に大満足!

2019年8月24日

 

気に入ったケースが見つかるまでこのケースを使ってみることにします。

Galaxy Note 10+SCV45 Galaxy Note 10 プラス ケース

装着した感じです①

 

Galaxy Note 10+SCV45 Galaxy Note 10 プラス

装着した感じです②

 

ケーブル接続部分が塞がることなく(当然ですが)、全く問題はありません。

 

Galaxy Note 10+SCV45 Galaxy Note 10 プラス Sペン

Sペンを取り出してみました

 

取り出し方法はプッシュ式ですが、ケースの厚みは特に気にならずスムーズに取り出すことができます。

 

Galaxy Note 10+SCV45 Galaxy Note 10 プラス

カメラ部分もOK!

 

撮影に支障はありませんし、コンビニでのキャッシュレスによる支払いでも全く問題がありませんでした。

擦れると曇ってしまうかも?という素材ですので、使い続けるのはどうかと思いますが試供品ですから。いいと思います!

 

Galaxy Note 10+SCV45 Galaxy Note 10 プラス

説明書関連

 

見てません(笑)

取扱説明書の同梱一覧を見ただけで他は全く見ていないです。空間を上手に利用して梱包されていますので、うっかり捨ててしまう可能性があります。一覧をもとに中身のチェックは必要と感じました。

使い方に関しては触ればわかる仕様になっていますし、アプリの取扱説明書の方が小冊子より見やすいし、使いやすいです。説明書に関してはオンラインマニュアル(web版)の圧勝ですね!

 



3.カメラの性能の良さが凄まじい

 

早速、Galaxyをもって散歩に行ってきました。比較をしたくて以前、使っていたXperiaも一緒です!

Bixby Visionなど使ったことのない機能が多すぎて、全く使いこなせていませんがシャッターを押すだけでスマホが勝手に綺麗に仕上げてくれます(笑)

 

Galaxy Note 10+ 写真

起動してシャッターを押しただけです(笑)

 

同じ景色をXperiaで撮ってみました。微妙に構図がずれてしまったのは愛嬌ということで・・(笑)

 

Xperia 写真 

Xperiaで撮った写真

 

同じサイズで撮影したつもりがサイズも違うので単純比較ができませんが、Galaxyの方が色鮮やかな写真となっています。

「秋らしい色合いか?」と言われると意見が分かれるところですが、Galaxyでは鮮やかな写真が撮れる初期設定のようです。

真夏の海や料理などはインスタ映えする写真が簡単に撮れそうですね!

 

Galaxy Note 10+ 写真

Bixby Visionが作動!

 

AIが最適な構図をアドバイスしてくれた写真です。今まで自分の感性にはない構図で面白かったです!

 

カメラの性能が凄い!と書かせていただきましたが、一番興味があったのは広角レンズで写真が撮れることです。

Galaxyの広角レンズ
約1,600万画素超広角カメラは、約123°の視野角で撮影可能。約1200万画素広角カメラをつかって被写体によったり、約1,200万画素望遠カメラの光学2倍ズームでクローズアップすることもできます。
Galaxy Note 10+SCV45 Galaxy Note 10 プラス

公式ページより引用

 

 

普通、カメラの機能の切り替えはメニューを開いて・・、ということが普通と思いますがGalaxyは違います。

通常レンズと広角レンズの切り替えがとても簡単なのです。

上の画像の男性の下に並んでいる3つの木のアイコンで切り替えることができます。取扱説明書がなくても見たら何となく使えると書いたのは、そういうことです。

 

実際に広角レンズで撮影してみました!

ツワブキ 花 

通常モードで撮影

 

これを広角レンズで撮影すると・・・

 

ツワブキ 花 広角レンズ

広角レンズで撮影

 

若干、撮った場所がずれてしまいましたが後方が広く入った構図となります。色んな構図が楽しめそうです!

 

ハシビロコウ 広角レンズ

広角レンズで撮影

ハシビロコウのゲージを広角レンズで撮ってみました!

 

これを「x2.0」というモードにするとこんな感じです。何の変哲もない、普通の写真だと思います(笑)

ハシビロコウ Galaxy x2,.0

x2.0モード

 

ちなみに目一杯、ズームに「x10.0」にすると下のような写真になります。

ハシビロコウ Galaxy x10.0

 

スマホのカメラでズームにするとかなり粗くなりますが、そこまで酷くないと思いませんか??

 

ちなみにCanon Kiss Mで撮影するとこんな感じです。

ハシビロコウ Canon Kiss M

 

「動かない鳥」と言われるハシビロコウですが、微妙に動いているのはご愛嬌(笑)

背後のシダ系植物がボケていたり、ズームレンズ(EF-M55-200mm)を使っているので網が映っていません。見比べるとGalaxyより質感も良かったりするのはミラーレスカメラの面目躍如といったところでしょうか?

それでも僕はGalaxy Note 10+の健闘を称えたいと思います。Galaxyを片手に身軽に動けるのは魅力的な話です。

 

また深度測位カメラがついているのでQuick Measure(クイック測定)というアプリを取り込めば、計測するカメラとなります。

 

 

さっそく外の鉢で試してみました!

 

Galaxy Note 10+ クイック測定

 

サンプルが良くなかったのか、実寸と若干違いましたが、誤差は1~2cmでした。ちなみに対象までの距離はぴったり合っていました。

 

ライブフォーカスというモードにすれば背景をぼかすことも可能です。もちろんぼかし加減は調整できますし、動画でもぼかすことが可能です。

プロモードにすれば、諸設定を好みに変更をすることが可能です。僕はそこまでできませんが・・。オートで十分楽しめると思っています。

ミラーレスカメラとの併用でかなり楽しめると思いますので、これから外で撮影をするのが非常に楽しみです。

 



4.処理能力の速さに感服

 

take51
どんな時に処理能力の高さを感じたか?

 

ネットのページの読み込みが速いのは当然ですが、何よりもKindleをダウンロードする時の速さが段違いです。今までダウンロードが終わるまで1分近く要する本もありましたが、今は長くて20秒でしょうか??

楽天マガジンやdマガジンを読む時も一緒です。

 

これはゲームを快適にサクサクできるようなデバイスということで、ゲームをしない僕にとっては今までのスマホでは考えられないくらい処理速度が高いです。

  • ベイパーチャンバー冷却システム
  • より進化したAI
  • 強化されたNPU

 

優れた冷却システムが搭載されているのは使っていても感じます。涼しくなってきたとは言え、スマホが熱いと感じることは今まで一度もありません。

この処理能力の高さは256GBの内部メモリも無関係ではないでしょう。今まで使っていた以上のアプリを取り込んでも32%くらいしか使っていません。

Xperiaの前は内部ストレージが90%になっていることもありました。あの時は全く動かなくなりましたので・・(笑)

「256GBの大容量ハードディスクを手のひらに」というキャチコピーは大げさではないですよね!microSDカードで1TBまで追加可能とか?僕には必要ありませんが(笑)

 

5.その他

 

 5-1.音が良い

 

これは搭載されているスピーカーの性能があがったのか理由はわかりません。公式ページには「次世代の音」と書かれていますが、中~高域の音が潰れることなく拡がりもいいです。

映像が綺麗なのでYou Tubeを見ていても楽しいですね♪

今、Galaxy Note 10+を購入すると特典としてYouTubePremiumが2020年2月29日まで最大4ヶ月無料で使えます。
※通常は税込み1180円です。

Premiumにすると広告なし、オフライン再生、バックグラウンド再生、YouTube musicが使えるとのこと。

YouTubeはよく利用しますが、最近の広告の多さに辟易としていました。ま、これだけのサービスなので仕方がないとは思います。

あと日々のデータ通信を抑えたい者としてはオフライン再生は有り難いです。使ってみて良ければ来年の3月以降も継続したいと思います。

 

 5-2.バッテリーが長持ちする

 

これも「長持ちするようになったかな?」というレベルではなく、明らかに長持ちしています。

Xperiaでは夕方、充電をする必要がありましたがGALAXYでは全く必用がありません。

同じように使っている感覚でも40%以上、残っていることもあります。

 

 5-3.Sペンの使い勝手が最高

まだ全く使いこなせていませんが、GALAXYnoteとの併用は最強かもしれません。

仕事でメモをとることがあるのですが、今後は手帳を持つ必用がなくなるかもしれません。

僕は財布を無くしたり忘れてくることが多いので、持ち物を減らすことができるメリットは大きいです。

SペンにはBluetoothが搭載されています。ペンがカメラのシャッターになったり、昔のボンド映画に出てきたスパイ道具のようなイメージです(笑)

まだまだ、このペンを使いこなせていませんが早く覚える必用がありますね。

こんな素晴らしいツールがあるなんて…

知らない、ということは本当に罪です。



6.まとめ

 

実はXperia XZ3から4ヶ月での買い替えです。気に入って使っていましたが、通話中に音声が途切れる不具合が出始めました。

気にならないと言えば嘘になりますが、デザインや使い勝手が気に入ってましたので我慢していました。

そこにこの機種の発売と性能を知り、勢いで買い替えました。

新しいスマホの進歩は素晴らしく、機能は知らないものばかりでした。使いこなすことができれば、仕事もプライベートの充実度があがることが容易に想像できました。

4ヶ月という短い期間での買い替えでしたが、正解だと確信しています。

使いこなし、僕なりの使い方が確立できたら記事にしていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です