コンテイジョンの感想。コロナ騒動の今、8年ぶりに再見しました

コンテイジョン 感想




コンテイジョンの感想です。

2011年の映画ですが、世界で新型コロナウイルスが猛威を振るう中、「予言では?」と再注目を浴びている映画です。

8年前に見た映画ですが、「今だから」の再見です。前のブログに書いていた感想も久しぶりに見直してみました。

 

久しぶりの再見ですが「予言」と言われることがよく分かりました。

ネタバレを含みますので、未見の方はここでスルーをお願いします

 

コンテイジョンの感想

 

1.解説・あらすじ

 

解説:『オーシャンズ』シリーズや『トラフィック』のスティーヴン・ソダーバーグ監督が、地球全体を恐怖に陥れるウィルスの恐怖を豪華俳優陣で描くサスペンス大作。接触によって感染する強力な新種のウイルスが世界各地に拡大していく中で、社会が混乱し人々が異常なパニック状態に陥っていく様子を映し出す。キャストには、マリオン・コティヤールやマット・デイモン、ケイト・ウィンスレットなど実力派スターが集結。ソダーバーグ監督だけに、一筋縄ではいかないパニック・ムービーに仕上がっている。

あらすじ:ミッチ(マット・デイモン)の妻・ベス(グウィネス・パルトロー)は、香港への出張後にシカゴで元恋人と密会していたが、せきと熱の症状が出始める。同じころ香港、ロンドン、東京で似たような症状で亡くなる人が続出。フリージャーナリストのアラン(ジュード・ロウ)は、伝染病ではないかと考え始め……。 ※Yahoo映画より引用

 

2.感想

 

映画で交わされる会話や人の行動が今のコロナ騒動と被っていることに驚愕させられます。「これは予言だ!」と言われることも納得です。

咳をする時に覆った手で色んなところに触るシーンが多様されますが、2020年の様子を撮影しているような映像でした。コロナウイルスはこうして拡がっていったのだな、と・・・。

8年前にはピンと来ず見過ごしていたシーンも「よくわかってるな~」「そうなんだよ」とイチイチ、納得しながら見てました。

映画が何を参考に作られたのか調べてはいませんが、昔のスペイン風のことや専門家の話をもとに作られたと想像します。

自粛を訴えかけるシーンや長く続く自粛に耐えられなくなるところは本当にリアルでした。

自粛に耐えられなくなったのはマッド・デイモンの娘役でしたが、新型コロナウイルスではマッド・デイモンの実の娘さんが感染されていたんですね(汗)

Yahoo!映画
マット・デイモン、娘が新型コロナに感染していた - ニュース - Yahoo!映画
https://movies.yahoo.co.jp/news/20200514-00000001-flix
マット・デイモン、娘が新型コロナに感染していた

 

初見の感想を読み直しました。

・コンテイジョン

出演者が豪華なジャケットを見て借りた映画ですが、
面白かった・・、というより「こんな事が実際に起こったら
怖いな・・・」という話でした。

どうでしょう?特にオチも無く「そうなんだ・・」という感じで
ドキュメンタリーを淡々と見てる感じです。よく解ってない部分もありますが、
ジュードロウ役の記者はある種の詐欺師ですよね?

正体不明のウィルスより人が恐ろしいと感じた映画でした。
特効薬を求め暴動も起きます。嘘もあったでしょうし、人々は
疑心暗鬼に陥ります。

南海地震が起きた時のことを考えても思いますが、
危機に陥った場合に「どういう行動を起こすか?「どう判断するか?」
非常に難しい問題です。やっぱり身近な人を優先に考えるのは
当然と思いますが、それが許されない場合もあるでしょうし・・

・・、考えるのはやめましょう(^▽^;)

ちなみに「CONTAGION」とは「接触感染」という意味です。
何か深い意味があるのか?と思って調べましたが、そのままでした(笑)

【10点満点で7点】
※ジェケットのグウィネス・パルトローは他の写真にして欲しかった(涙)

http://hometheater51.blog50.fc2.com/blog-entry-624.html ※前のブログより

 

冒頭に「面白かった・・、というより「こんな事が実際に起こったら怖いな・・・」という話でした。と書いていることに複雑な心境になりました。

お客さんと「映画のような世界になってしまいましたね・・・」という会話を何度かしましたが、何となく、この映画が頭に残っていたんでしょうね。

8年前、映画の感想を書きながら後に起こるとは1ミリも思ってなかったはずです。

この映画が予言となるなら、新型コロナウイルスもワクチンができると映画のような展開になるでしょうか??そうならないことを祈りますが恐ろしいですね(汗)

「Day2」から始まり、「Day1」で終わる作りです。どうやって感染が拡がったか分かる構成ですが、初見時は印象に残ってなかったことに衝撃でした。8年前は他人事として見ていたのでしょう。

あれ、絶対にやってはいけないことですが、衛生管理が優れていると言われてる日本でも結構やってるような気がします。定期的に世間を賑わす飲食店の食中毒もあんな感じなのでしょう・・

多くのことを考えさせられました。

 

3.出演者・スタッフ

・ジュード・ロウ

こんな人、今もいるんでしょうね・・。初見時はこの人の印象が強く、ウイルスより人が怖いと思ったものでした。

 

・ ローレンス・フィッシュバーン

この映画の彼はモーフィアス(マトリックス)以外では一番好きかもしれません。

愛する人のためルールを破り責任を問われますが、仮に僕でも同じことをすると思いますし、その辺の苦悩ぶりを上手く演じてたと思います。

 

・グウィネス・パルトロー

悲惨な死に方をしますが、解剖のシーンの異様なリアルさが強烈でした。最近の彼女しか知らない方はペッパー・ポッツ(アイアンマン)があんな役を・・、となるんでしょうね(苦笑)

久しぶりに恋に落ちたシェイクスピアやセブンの彼女が見たくなりました。

 

・スティーヴン・ソダーバーグ(監督)

トラフィックでアカデミー賞を受賞されているんですね。トラフィックは未見ですが、オーシャンズシリーズは楽しく見ましたし、マジックマイクも面白かったですね!

デビュー作品のセックスと嘘とビデオテープも見てみたいと思います。オーシャンズシリーズと今回の作品とはギャップがありますが、共に実力が無ければ撮れないと思いますので。

 

4.総評

 

再見した総評を言うと「面白い、面白くない」というより「感心した」でしょうか??

数年前に「現実にあったら怖いな・・」と思っていたことが起きています。この先、映画の世界でしかなかったことが現実になったら・・、と妄想してしまいました。

ゾンビも怖いけどジュラシックパーク系も嫌かな・・。と、くだらないことを考えちゃいました(笑)

新型コロナウイルスが終息したら、もう一回見たいと思います。


【点数】
内容:9 点
映像:9 点
音 :8 点
総合:8.5点
※やっぱりグウィネス・パルトローのジャケットは他が良かった(笑)

4 件のコメント

  • ジュード・ロウの役が嫌な感じだったということ以外、ほとんど忘れてます。自分の感想を読み返したら「心に残るシーンも多かった」と書かれていたのに…(汗)
    今見返してこそ、そのすごさがわかる作品なんでしょうね。警告の意味もあったんでしょうけど、それをいかせなかったところは反省だなぁと思ったり。
    この先現実でも起こりそうな映画でしかなかった話というと、どうしても「ソイレントグリーン」を思い浮かべてしまいます。

    • >宵乃さん、こんにちは!

      >ジュード・ロウの役が嫌な感じだったということ以外、ほとんど忘れてます。自分の感想を読み返したら「心に残るシーンも多かった」と書かれていたのに…(汗)

      あのジュード・ロウは吐き気がするくらい嫌なヤツでしたよね(笑)

      数多くの映画を見ていると全てを記憶することは難しいですよね・・。意外と最近、見た映画より相当前に見た映画の方が記憶に残っていることが不思議です(笑)

      >今見返してこそ、そのすごさがわかる作品なんでしょうね。警告の意味もあったんでしょうけど、それをいかせなかったところは反省だなぁと思ったり。

      想像以上にリアルで驚くと思いますよ!相当、調べ上げて作った映画なのだと思います。宵乃さんも機会があればぜひ!!(^^)

      >この先現実でも起こりそうな映画でしかなかった話というと、どうしても「ソイレントグリーン」を思い浮かべてしまいます。

      その映画も見てみます!ちょっと怖いな・・(^^ゞ

  • こんばんは☆
    再見なさったんですね!
    私は5年前に初めて見て、今年3月に3回目見ました。
    take51さんの記事にはないけど、マリオンさんが好きで♪

    >新型コロナウイルスもワクチンができると映画のような展開になるでしょうか??そうならないことを祈りますが恐ろしいですね(汗)

    もう(出来上がった時の争奪戦は)始まっているのではないでしょうか?
    さすがに誘拐まではまだでも・・・。

    >あれ、絶対にやってはいけないことですが、衛生管理が優れていると言われてる日本でも結構やってるような気がします。

    えっ? あんなこと、あの国(某国)だからやっていたと思い込んでいたのに・・・
    日本でもあるのなら、もう怖くて外食できない・・・したい(笑)。

    ソダーバーグ監督は良い監督さんですね☆
    私は「コンテイジョン」より「トラフィック」の方が好きですが
    ちょっと長いです・・・もし見られるなら、ぜひ時間のある時に一気に!
    とぎれとぎれでは、面白くないと思います(笑)。

    「セックスと嘘とビデオテープ」は、めちゃ良い作品だと思います。
    タイトルで想像するのとはちょっと違う内容ですが、
    その通りかもしれない内容です(笑)。

    宵乃さんの書かれた「ソイレント・グリーン」は
    古い作品なので美しくないし、見やすくはないですけど
    「近未来を描くなら」私の好きなただ一人の監督さん作品です♪

    長々と書いて失礼しました!
    take51さんが書かれたほどにはリアルとは思わないけど、
    私的には時々見たくなる中毒系の作品です(笑)。

    .

    • >miriさん、こんばんは!

      >こんばんは☆
      再見なさったんですね!
      私は5年前に初めて見て、今年3月に3回目見ました。
      take51さんの記事にはないけど、マリオンさんが好きで♪

      もう3回、見られていたんですね!
      マリオンさん素敵で僕も好きな女優さんですが、
      今回は遠慮させていただきました。まとめられなくて・・(^^ゞ

      >もう(出来上がった時の争奪戦は)始まっているのではないでしょうか?
      さすがに誘拐まではまだでも・・・。

      主導権の取り合いを見ていると呆れるというか何というか・・
      気持ちのいいものじゃないですよね(汗)

      >えっ? あんなこと、あの国(某国)だからやっていたと思い込んでいたのに・・・
      日本でもあるのなら、もう怖くて外食できない・・・したい(笑)。

      あそこまで酷くはないにしても、食中毒が起きるのは杜撰な管理の証です。
      食品の扱いは職人さんの常識が皆に通用する訳ではなく、入って間もない従業員さんが
      どんなことをしてるやら・・・。目が届かないこともあると思います(汗)

      外食したいですよね・・(^^ゞ

      >ソダーバーグ監督は良い監督さんですね☆
      私は「コンテイジョン」より「トラフィック」の方が好きですが
      ちょっと長いです・・・もし見られるなら、ぜひ時間のある時に一気に!
      とぎれとぎれでは、面白くないと思います(笑)。

      どうしても途切れ途切れで見てしまうので・・
      じっくり時間が取れる時にトラフィックに挑戦したいと思います!(^^)

      >「セックスと嘘とビデオテープ」は、めちゃ良い作品だと思います。
      タイトルで想像するのとはちょっと違う内容ですが、
      その通りかもしれない内容です(笑)。

      何かで少し見たことがあるかもしれないんです・・
      ジャケットだけ見たのかもしれませんが思い出せないです(笑)

      こちらは100分なので、先にこちらを見ようかな?(^^ゞ

      >宵乃さんの書かれた「ソイレント・グリーン」は
      古い作品なので美しくないし、見やすくはないですけど
      「近未来を描くなら」私の好きなただ一人の監督さん作品です♪

      ソイレント・グリーンのことも少し調べてみたましたが、
      2022年が舞台になっているとか?再来年ですね??

      テーマが興味深いですし、miriさんのお好きな監督さんという
      ことで、こちらも見てみたいと思います!(^^)

      >長々と書いて失礼しました!
      take51さんが書かれたほどにはリアルとは思わないけど、
      私的には時々見たくなる中毒系の作品です(笑)。

      いえいえ、ありがとうございます!
      え?結構、リアルじゃないですか??(笑)

      周りにもこの映画を見ている人が増えてきていて、
      よく話題になってます。

      若い人とは「あの女医さんはタイタニックの・・」なんて
      会話になってます(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です