競馬に嵌った男が競馬をやめるまでの経緯。感謝の気持ちでいっぱいです。

競馬をやめる

ついに競馬をやめることとなりました。

趣味として30年近くやってましたが、思うところがありやめることにしました。「誓いをたてる」というような感じではなく「すーっ」とフェードアウトするような感じです。

ある事に気がついた瞬間でした。

順を追って説明させていただきましょう!最後までお付き合いしていただけると嬉しいです。

 

競馬をやめる

 

 

競馬を始めたきっかけ

 

まず競馬を始めたきっかけです。プロフィールにも書いてますが僕は大学時代をゴルフに没頭してました。あまりにゴルフに没頭していたのでゴルフ部以外の友達が本当に少なかったんです。

その数少ない友達が競馬好きだった。それだけです(笑)

いい奴で今でも連絡をとってますが彼には本当に感謝してますよ!

 

どれだけ競馬に没頭していたか?

 

「寝ても覚めても競馬のことを考えていた」と言っても過言じゃないです。社会人1年目は神戸にいましたが、休日の土日はWINS(場外馬券売り場)か阪神競馬場にいました(笑)

大学を卒業後、すぐに結婚をしましたが単身赴任だったゆえにできたことでしょう・・

月曜日には週間競馬ブックを買い、平日は毎日スポーツ新聞を読み・・。最強の法則を始めとした競馬雑誌も読みまくりました。当時はインターネットが今ほど普及してませんでしたので、情報源のもっぱらは紙媒体でした。

予想法もいろいろ勉強しましたよ。正統派の予想からサイン馬券まで・・。信じられないかもしれませんが、的中率と回収率が一番、高かったのはサイン馬券でした。

ただ全てを捧げるくらい予想に費やす必要がありました。

それだけ没頭していたのです(笑)

こんな性格ですので収支はつけてました。競馬歴25年でトータル収支は完全に負けてますが、始めた当初の年間収支は勝ったり負けたりで、負けても「楽しんだ分、得してる!!」と納得することができてました。

 

 

take51
競馬を楽しんでいたんですよ・・

 

気がつけば金儲けの手段となっていた

 

実際に儲けることはできませんでしたが(笑)

競馬を始めた頃は馬連がメインでした。

500円の3~4点買いで20倍前後が当たれば10000円前後となり大喜びしてました。当時は万馬券が当たれば狂喜乱舞してました!(笑)

今では3連複から3連単。はたまたWIN5が登場し、感覚的に100倍の万馬券が20年前の馬連50倍程度でしょうか?

3連複や3連単など、破壊力のある払い戻しを経験すると少しの勝ちに満足できなくなります。払い戻しの快感を求めるようにもなるんです。

一生懸命に予想をしてギリギリ外すと疲れるし面白くなくなるんですね・・

高配当を狙って穴馬から買うことが多かったので的中率は下がる一方でした。最悪なのは、せっかくの穴馬を見つけてるのに自分を信じきれず、買わずに外した時です。もう目も当てられないほど落ち込みました(笑)

配当に目がくらむと予想は狂います。来るとわかっていても人気馬を外して買うようになるんです。

いつからか完全に負のスパイラルに嵌ってました・・

take51
好きな馬を応援する気持ちで買うくらいがいいんですよ

 

 

「博打の才能がない」「勝負弱い」

 

かなり前から分かっていたことですが(笑)

努力でカバーできると思ったんですよね・・。この考え方は今でも正しいと思ってますが、競馬は全てのレースを当てることは不可能ですが、当たりそうなレースを絞ることは可能なんです。

当たりそうなレースを絞って買うつもりでも重賞やメインレースなど、ついつい買ってしまうんですよね・・。この辺の心の弱さは儲けるために買う馬券には致命傷でした。

今でも忘れることができませんが、初めて馬連を10000円1点買いをした時は2頭のうちの1頭が落馬しました(笑) ←どんだけ勝負弱い

 

競馬友達に予想時間は僕の10分の1。馬券の購入金額や購入点数も僕より圧倒的に少ないのに、よく当たる人がいます。

「え??何であれが買えたの???」と聞くと答えはいつも「何となく」

最初は隠してるのか??と思ってましたが、どうやら本当のようです(笑)

どうも閃いているようなんですが、博打の才能がある人はそういう「閃き」があるようです。僕には無かったですね~(笑)

 

ありがとう!そして・・

 

競馬を通じて知り合った方もたくさんいます。競馬場から帰りの居酒屋で「当たった」「外した」を肴に飲む酒は最高に楽しかったです。いいも悪いも最高の思い出として記憶に残ってます。

今にして思えば、ここ数年は惰性で馬券を買ってました。最後に「派手な馬券をとってやめたい」みたいな意地もありました。

もっと早くやめてたらもっともっと綺麗な思い出となってたかもしれません。

競馬が憎くて嫌になってないことが不幸中の幸いでした。

take51
楽しくて競馬をやってる自分がいなくなってることに気がついたんです

 

気がついてからは早かったですよ。TARGET(競馬の情報管理ツール)もアンインストールし、蓄積してた10数年分のデータも躊躇なく削除することができました。

自分でも意外なくらいの潔さ(笑)

負け惜しみじゃなくて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

競馬を通じて多くのことを学べました。

今後の生き方に活かしていきたいと思います!

もう忘れないですよ「楽しむ」って事を。

そして心の底から言わせてください

 

ありがとう

ブログを通じて「新しい生き方」に挑戦します

2017.08.20

2 件のコメント

  • こんにちは。
    競馬はギャンブルの側面が強いですが回収に拘りすぎると負けた時のストレスがハンパなく、ライターをやっていると負ける夢まで見ることがありました。
    やっぱり「楽しむ」ことを忘れて得られるものは幸せな人生ではないですね。
    私もこれからは「楽しむ」を一番にやっていきます(^^)v

    • 音速ジョニーさん、こんばんは!

      >競馬はギャンブルの側面が強いですが回収に拘りすぎると負けた時のストレスがハンパなく、ライターをやっていると負ける夢まで見ることがありました。

      自分で楽しむ分には外れてもどうって事はありませんが、予想を公開してるとプレッシャーも相当ですよね・・。夢にまで見るとはかなりだったんですね(汗)

      >やっぱり「楽しむ」ことを忘れて得られるものは幸せな人生ではないですね。
      私もこれからは「楽しむ」を一番にやっていきます(^^)v

      「楽しむ」が大事ですよね!仕事で嫌な事はありますが、基本的には楽しくやらせていただいてます!お客さんにも可愛がっていただてますし「恵まれてるな~」と思ってます。勘違いだとしても勘違いしたままでいいです(笑)

      競馬も今後、楽しめるような状態になるかもしれまん。その時でもTARGETなどの装備はしませんが・・(^^ゞ

      音速ジョニーさんの「楽しむ」を共有させてください!!これからもよろしくお願いします!!(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です