宿毛のグルメ情報(昼食編)「天下茶屋」で宿毛のソウルフードを満喫!

宿毛 グルメ

高知市内から3時間ほど西へ走ると、人気の柏島の手前にある宿毛市。

読み方は「すくも」です。読み方を知らない方が最初に浮かぶのは「やどげ」でしょうか?

宿毛に入るとかかっている「新宿毛大橋」

宿毛 グルメ 新宿毛大橋

Googleストリートビューより

うちのかみさんは、この看板を見て「しんじゅく け??」と読んでましたよ!

「新宿」で切っちゃったんですね(笑)

道が整備される前は4時間以上かかっていた宿毛市ですが、今では気軽に行けるところとなりました。そんな宿毛市でオススメのグルメ情報(昼食編)の紹介です!

 

「天下茶屋」宿毛のソウルフードの紹介

 

 天下茶屋はどんな店?

 

宿毛 天下茶屋

 

新しいバイパス(四万十市【旧中村市】から宿毛まで)の終点の右側に見えてくるお店で、50年以上の歴史を誇る大人気のお店です!

なんでも「高知家の食卓」県民総選挙2016の幡多エリア第1位を獲得されているとか。

 

そんな大人気のお店の看板メニューとは??

 

 牛と豚の2種類です(笑)

 

宿毛 天下茶屋

てんこ盛りの地元の「ニラ」「キャベツ」「もやし」に、「牛肉」もしくは「豚肉」が一緒になった炒め物を、秘伝の「たれ」でいただきます。

この「たれ」がやばい!!(笑)

 

かみさんと二人でお邪魔をしていましたので、「どうせなら2種類をシェアして!?」と思っていましたが、おばちゃんの強い希望で1種類に(笑)

 

take51
では牛2、中めし1、小めし1をお願いします!

 

 注文をしてから商品が出てくるまで

 

宿毛 天下茶屋

このような感じの席ですので、自分で炒めるのかな??

 

宿毛 天下茶屋

作り方の紹介もあるし・・

 

宿毛 天下茶屋

ご飯と味噌汁、そして秘伝の「たれ」が運ばれてきます!

そして・・・

宿毛 天下茶屋

 

メニューに書かれている、牛肉2人前が運ばれてきました。

あれ?完成された状態!?作り方の紹介は何だったのか??(笑)

 

これは、まさに作り方で紹介をされていた通りですね!

油をひかず、強火で炒めたような焦げ目があり、牛肉の香ばしい香りがします。

それに引きかえ、野菜は蒸されたかのように優しく炒められています。このコンビネーションが美味しそうですね。

「たれ」に投入します!!

 

宿毛 天下茶屋

 

take51
これは美味しい!!

 
「たれ」の甘さが癖になりそうです。味噌の甘さかな??

お願いがあります。行かれたら後のことを考えず、備えられたニンニクを入れてください。

超絶の美味しさです♪

宿毛 天下茶屋

きっと新鮮なニンニクがすり下ろされてるんだな・・

 

そして・・

宿毛 天下茶屋

ご飯にのせちゃいました!

 

ご飯に乗せて食べると悶絶する美味しさでした。秘伝の「たれ」はご飯との相性が抜群なんですね・・。

しつこいですけど、ニンニクを入れてください。甘さがおさえられ、別の美味しさに生まれ変わりますので!!

昼間っからビールが飲みたくなる、地元の方が羨ましくなる美味しさですね!

 

take51
家で作りたくなった・・

お土産で「たれ」が販売されています。これは間違いなく買いですよ!!

宿毛 天下茶屋 たれ

630円(税込)

 

お店の場所や営業時間

 

  • 住所:高知県宿毛市平田町戸内1869-1
  • 営業時間: 平日 11:00~18:30
    日曜/祭日 11:00〜19:00(18:00以降は要予約)
  • 定休日: 土曜日
  • 食べログ:天下茶屋
  •  
    四万十市(旧中村市)から宿毛の区間のバイバスで、終点の右側に見える白っぽい建物が天下茶屋です。

    駐車場は10台ほど止めれそうですが、僕がお邪魔した時は割とカオス状態だったかも??(笑)

    いつも混んでるという噂ですが、開店直後(11時過ぎ)は入りやすいそうです。

    高知市内からロングドライブの疲れを天下茶屋で癒やしてパワーを補充しましょう。オススメです!!

    宿毛のグルメ情報(夕食編)「居酒屋いごっそ」でマグロを満喫!

    2018.08.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です