競馬をやめて3ヶ月経過しました。やめることができた要因を自己分析してみました。

競馬をやめる

競馬をやめて3ヶ月ほどが経過しました。

最後に買った馬券は平成30年6月の宝塚記念ですが、すでに勝ち馬の名前が出てこない状態です。

心境を整理するために書いた「競馬に嵌った男が競馬をやめるまでの経緯。感謝の気持ちでいっぱいです。」という記事が、想定以上に読まれています。

take51
競馬を止めれない人が多いのでしょうか?

 

やめることができた要因を改めて振り返ってみたいと思います。

 

競馬をやめることができた要因を自己分析

 

他に夢中になれることがあった

 

これは幸いだったと思います。

好奇心旺盛で、没頭できる性格に感謝です。プロフィールにこれまでの没頭歴を記していますが、競馬はゴルフに次ぐ長さです。

今は料理など、他のことが忙しいので競馬のない生活に馴染みやすかったのかもしれません。ブログを書くのも楽しいです!

もし結婚をされていて、料理をしないお父さんだったら料理に挑戦してみてはいかがでしょう??

作った料理を奥さんやお子さんが喜んでくれると、馬券が的中した時とは違う喜びが得られます。

take51
僕はかみさんに上手く乗せられてるかも?(笑)

家族が喜ぶ料理を作る為に読んでおきたい3冊のオススメ本(料理センスのUPで「脱」初心者)

2017.09.01

 

けど「夢中になれることがあった」は要因の一つであり真因ではありません。

 

プライドを捨てることができた

 

馬券が当たってるころは、人にもよく聞かれました。

「次はどの馬から買うの??」「あの馬、次はくるかな??」

聞かれて嫌な気はしませんし、予想を聞かれて「なるほど~」なんて言われると気持ちがいいです(笑)

そんな経験があると、やめるにしても「でっかい配当をしとめてから・・」

という気持ちになってました。けど、そんな気持ちで馬券を買っても当たらないんです。どうしても馬券の買い方がブレるんです。

無理やり来そうな人気の馬を外して買ってましたから。

ホントに馬鹿ですよね・・・。そんな自分も嫌でした。

どこかで「俺はすごい!」「俺はまだまだやれる人だ」という変なプライドがありました。そんな余計なプライドを捨てることができました。

 

競馬を楽しめなくなっていた

 

金儲けを目的として馬券を買ってる自分に気がつきました。

好きな馬や騎手がいない訳ではありません。応援もしていたんですよ!

当時は馬券を買わずに応援することはありませんでした。軍資金がなくて買ってないことはあったかも??(笑)

馬券を外して落ち込み、家族に不快な思いをさせたこともありました。そんな自分が嫌になり、また落ち込む。

完全にダメなスパイラルに陥ってました・・・

take51
競馬を楽しめなくなっていたんです

 

好きな馬が頑張って走る姿を見るのが楽しい

苦節○○年。○○騎手のダービー制覇が嬉しかった

外れても予想をしている間が楽しかった

 

気がつけば馬券を外して悔やんでばかりの自分が嫌になったんでしょうね・・

同じような理由で馬券を買わなくなった友達もいました。そんな人との会話も後押しになっていたかもしれません。

楽しく!は僕のモットーでもあります。

楽しめないことを続ける意味はありません。そこに気がつけた僕は幸せです。

 

また馬券が買いたくならないか???

 

このことは、かみさんも心配しているようです。

 

秋競馬が始まり心が揺れる心配は?

・競馬関連のYahooニュースは今も見てます

Yahooのアプリは興味のあるニュースがフォローできるという便利な機能があります。そのフォローを外していないので、今でも競馬関連のニュースはどんどん入ってきます。

take51
記事タイトルにある馬は知らない名前ばかり

名前を知らない馬では気持ちが入っていかないんです。G1に向けステップレース関係の記事も、知らない馬ばかりで興味が湧いてこないんです。

春のG1で3着以内に入ったような馬も、当時の記憶が薄いので気持ちの高ぶりがありません。20年前の僕なら考えられないです(笑)

知ってる馬の「○○○ステークスで復帰戦が決まりました!」という記事は見てるかも?純粋に馬を応援したい、という気持ちからくるものです。

武豊や藤田菜七子など、気になる騎手の記事は読むこともあります。これは純粋に「応援したい」という気持ちから派生していることです。

この場合、「読まないぞ!!」と自分を抑えることはしないです。それでも馬券を買いたい気持ちにもなりません。

 

・好きで見ていた予想家のブログは今でも応援してます

その予想家の予想は気になりますし、ブログのランキングにも貢献したいです。頻度は減ってますが、今でも可能な限り応援したいです。

いい思いもさせていただきましたし、その時の感謝の気持ちは忘れたくないです。

ネガティブ発言ですが、僕にはデスノートの力があると思ってます(笑)

僕が予想を参考することで、その予想家に迷惑をかけたくないです。僕が買うと予想が外れそうな気がして・・・(笑)

 

 

「秋競馬 = 馬券購入」にはならない

 

実は多少の不安はありました。

けど秋競馬が始まったことが馬券購入の復活にはならないようです。

無理に競馬を遠ざけている訳ではありませんが、馬券を買いたい気持ちにはなりません。

それは自己分析をさせていただいた理由からだと思います。

たぶん秋競馬は見ると思います。

スポーツを見るような感覚で見ることになると思います。

そして周りで馬券を獲った人がいれば、「おめでとう!!」「すごいね!!」と素直に喜べると思います。

「買っとけばよかった・・」にはならないと思います。

競馬をやめたい方の参考になると嬉しいです!

 

競馬に嵌った男が競馬をやめるまでの経緯。感謝の気持ちでいっぱいです。

2018.06.29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です