サラウンドがおすすめの超絶ライブ盤の紹介です!

サラウンド ライブ盤 Chris Botti Celine Dion The police

ホームシアターは映画を楽しむもの・・、という認識が一般的だと思いますが、実は音楽のライブが楽しいんです。

それもアーティストの意向でしょうか?音にこだわって作り込まれたライブ盤は本当に素晴らしく、何度も見てしまいます。

ボーカルや楽器がフロントスピーカー、センタースピーカーから鳴り、観客の声援がリアスピーカーから「わぁーーー」と鳴り響きます。

その圧倒的な臨場感は2本のスピーカーで聞くCDなどのアルバムでは絶対に味わえない感動です!

今回、紹介をさせていただくソフトはアーティストのパフォーマンスの優劣ではなく、音の作り方が素晴らしいソフトです。

サラウンド ライブ盤 Chris Botti Celine Dion The police

サラウンドで楽しめる超絶ライブ盤

Celine Dion/ Live in Las Vegas – A New Day

仕様
TrueHD5.1ch
リニアPCMステレオ

A NEW DAY HAS COME
THE POWER OF LOVE
IT’S ALL COMING BACK TO ME NOW
BECAUSE YOU LOVED ME
TO LOVE YOU MORE
I’M ALIVE
I DORVE ALL NIGHT
SEDUCES ME
IF I COULD
POUR QUE TU M’AIMES ENCORE
I SURRENDER
AMMORE ANNASCUNNUTO
AOO THE WAY
I’VE GOT THE OORLD ON A STRING
I WISH
LOVE CAN MOVE MOUNTAINS
RIVER DEEP,MOUNTAINS
MY HEART WILL GO ON

全18曲(その他メイキング映像あり)

特別、彼女のファンという訳ではありません。知ってる曲がそんなにある訳でもありません。

それでも僕はこのソフトのMy Heart Will Go Onが聞きたくて買いました。

一昔前だと「タイタニックの曲」と言えば誰もが分かる曲なのですが、今の方は知らないという・・

時代は変わりました・・(笑)

10年ほど前の参加したオーディオの展示会で出会った1枚です。その時の衝撃は忘れられないですよ!

このライブは彼女のライブの為にラスベガスに建てられた通称「コロシアム」という会場で行われた伝説のショーです。

大掛かりのステージとバックダンサーで繰り広げられるショーは圧巻の一言ですが、最後のMy Heart Will Go Onは、ほぼ彼女のソロです。

まずイントロの部分ではフルートやバイオリンのソロパートもありますが、女性が舞台の宙を横切るシーンで始まります。

このイントロ部分はフロントスピーカーからだけではなく、リアスピーカーも使われています。この時はサブウーハーも作動する低音も入ってますが、この低音がライブ感に輪をかけます。

女性が横切る時、ステージの上を何かがこすってるか、ワイヤーのこすれるような音が入ってます。この辺の何気ない音もライブの臨場感を高めてくれます。

セリーヌ・ディオンが登場するやリアスピーカーから「わぁーーーっ!」と歓声と拍手が鳴りますが、この後は彼女の独壇場です!

特にサビからの後の部分で感動しない人はいないのでは?と思えるパフォーマンスで、システムの完成度と鳥肌のたち具合が比例すると思います。

曲が終わった後の鳴り止まない拍手は各スピーカー間の音の繋がりが良いと、視聴位置が「コロシアム」となるでしょう。

 サラウンドならではのシーン(18曲目My Heart Will Go On)

1.イントロ部分
2.曲のサビ以降(終わった直後の歓声・拍手)

The Police CERTIFIABLE

仕様
TrueHD5.1ch
TrueHD Stereo

MESSAGE IN A BOTTLE
SYNCHRONICITYⅡ
WALKING ON THE MOON
VOICE INSIDE MY HEAD/WHEN THE WORLD IS RUNNING DOWN
DON’T STAND SO CLOSE TO ME
DRIVEN TO TEARS
HOLE IN MY LIFE
TRUTH HITS EVERYBODY
EVERY LITTLE THING SHE DOSE IS MAGIC
WAPPED AROUND YOUR FINGER
DE DO DO DO.DE DA DA DA
INVISIBLE SUN
WALKING INYOUR FOOTSTEPS
CAN’T STAND LOSING YOU/REGGATTA DE BLANC
ROXANNE
KING OF PAIN
SO LONELY
EVERY BREATH YOU TAKE
NEXT TO YOU

全19曲(その他メイキング映像あり)

再結成のライブ盤です。

2008年2月10日の大阪公演に行ってきましたので、このソフトへの愛着は並々ならぬものはあります。

しかしソフトの完成度の評価とは関係はありません。

発売以来8年は経ってるでしょうか?

思い入れの深いソフトの出来栄えが素晴らしいので、愛聴盤として今でも熱く楽しんでます!

このソフトは音作りウンヌンの前に3人のパフォーマンスが圧倒的に素晴らしいんです。

スティング(sting)はヴォーカリストとしてはもちろんですが、ベーシストとしても一流で骨太のベースは聞いていて心地よいです。

アンディー・サマーズ(ANDY SUMMERS)のギターも素晴らしいと思いますが、僕はスチチュアート・コープランド(STEWART COPELAND)のドラムが好きです!

ドラムの細かいテクニックについて語れるようなボキャを持ち合わせていないのが残念ですが、音とパフォーマンスを見ると素直に感動できます。

1曲めのMESSAGE IN A BOTTLEも悪くはないのですが、2曲目の SYNCHRONICITYⅡで鳥肌が全開で立つこととなります。

アルバム「SYNCHRONICITY」のジャケットを知ってる人なら気絶モンの感動です。

ライブはボーカル、ギター、ベース、ドラムのシンプルな構成で、それぞれの音がフロント、センタースピーカーに上手に配置されています。リアスピーカーはもっぱら観客の声援と拍手です。

中低音がぼける事なくしっかり鳴らせるシステムだと、ソフトの良さが際立つと思います。

僕はこのソフトでは、スティングのベースをカッコ良く鳴らす事が目標の一つでした。

 サラウンドならではのシーン(2曲目 SYNCHRONICITYⅡ)

1.イントロ部分(音というより映像美)
2.中盤の伴奏以降(スティングの声の張り、アンディのギターソロ以降)
※随所に見どころがあり絞りきれません(あえて2曲めを紹介)

リンクを貼ってる動画はBDとは違うバージョンです。個人的にはBDに収録されている方が好きです!

CHRIS BOTTI/ IN BOSTON

ライブ版として名盤中の名盤ではないでしょうか?

仕様
TrueHD7.1ch
リニアPCM Stereo

AVE MARIA
WHEN I FALL IN LOVE
CARUSO
SEVEN DAYS
BROKEN VOW
FAMENCO SKETCHES
HALLELUJAH
I’VE GOT YOU UNDER MY SKIN
CINEMA PARADISO
THE LOOK OF LOVE
EMMANUEL
GLAD TO BE UNHAPPY
CRYIN’
SMILE
INDIAN SUMMER
SHAPE OF MY HEART
IF I EVER LOSE MY FAITH IN YOU
CON TE PARTIRO

全18曲(その他メイキング映像あり)

発売後、オーディオイベントのデモとしても多く使われたソフトです。

トランペットの腕が素晴らしいだけでなく、貴公子のような端正な顔立ちで女性ファンが多いのも納得です。

しかも彼はプロデュース能力が相当高いのでしょう。著名なアーティストとのコラボ演奏は何度見ても飽きることがありません。

3年前、一度彼のライブも行ってきましたが、それは最高の思い出となっています。前のブログに「Chris Bottiのビルボード大阪ライブに行ってました!」という記事を書かせていただいてます。

このライブはボストンフィルハーモニーの演奏も素晴らしいのですが、ステージ上の音楽とは関係の無い音が収録されている、喧騒感が素晴らしいです。

この喧騒感が素晴らしいライブ感の演出となってるんです。

例えば曲が終わった直後、リアスピーカーからは観客の拍手喝采が鳴り響くのですが、フロントスピーカーからはチェロやベースなど、または椅子を動かしてる時の音が鳴るんです。

もちろん各曲のパフォーマンスも素晴らしいです。歌、演奏が上手いだけでなく、各アーティストのサービス精神あふれる演出が最高です♪

ジャンルとしてChris Bottiはジャズになると思います。そんな彼とスティーヴン・タイラー(エアロスミス)との共演自体が普通じゃないですよね??

流石の大物ということで2曲用意されてます(笑)

Stingは何度も登場しますが、彼がメジャーになるきっかけだったからでしょう。彼のライブでトラッペットを吹いて有名となりました。

Chris Bottiの若い頃の姿をStingのライブDVDで見ることができます。

 

当然、Stingも若いです。2002年頃のライブだったと記憶してます。DVDということで映像、音はBDほどのクオリティではありませんが、ライブとしては最高です。

 

 サラウンドならではのシーン(ほぼ全般)

1.CINEMA PARADISO
2.THE LOOK OF LOVE
3.EMMANUEL
4.INDIAN SUMMER

どの曲も素晴らしいのですが、特に上の4曲がお気に入りです。

曲が素晴らしいだけでなく、楽器の音が素晴らしかったり、喧騒感がリアルで会場にいるような雰囲気を楽しめます。

THE LOOK OF LOVEとINDIAN SUMMERはBILLY KILSONのドラムパフォーマンスが最高で、視覚的にも楽しめます。

彼のソロの部分では後ろの交響楽団の面々も彼のドラムに釘付けです(笑)

彼のドラム(特にスネアドラム)が上手く鳴らせると、このソフトがより一層楽しめると思います。

THE LOOK OF LOVEではSY SMITHのヴォーカルも聞き所の一つです。曲の前に「彼女の歌を聞くと誰もがファンになるよ」と紹介されてますが納得です!

皆が楽しく演奏している姿も、このソフトが秀逸な要因の一つだと思います。よくあんなに音が揃うものだと感心します・・

10年くらい前はブックオフで、よく見かけましたが、今ではプレミアがついて驚愕の金額がついてます。

amazonでもひどい時は4万ほどの値がついてることも??

5000円ほどならスーパーお買い得だと思いますよ!このソフトの素晴らしさを物語ってます。

 

 

他にもマドンナのライブなど、お気に入りのソフトはありますが、今回は特に素晴らしいと思うソフトを3枚紹介させていただきました。

やっぱり音楽はいいですよね~。CDはほとんど買わなくなってますが、気になるライブ盤は買ってます。

素敵なソフトとの出会えると本当に幸せです。その時はまた紹介させてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です