【映画レビュー(ネタバレあり)】レッド・スパロー、ジェニファー・ローレンスが国家の美しい武器に!

映画レビュー レッドスパロー ジェニファー・ローレンス




プロフィールに書いている通り、ジェニファー・ローレンスはお気に入りの女優さんの中でも1番。

素晴らしいジャケットですね。彼女の魅惑的な視線にノックアウト(笑)

この映画は彼女でなければ、ここまでの映画になってないと確信できる作品です。エログロい映画が嫌でなければ「必見」です。

記事はネタバレを含んでます。未見の方は読まない方がいいかも??見られたら、この記事のことを思い出してください!

レッド・スパロー (2018) 原題「RED SPARROW」

解説・あらすじ

【解説】元CIAエージェントの作家、ジェイソン・マシューズの小説が原作のスパイアクション。バレリーナからスパイになった美女が、CIA捜査官への接近を命じられたのを機に思わぬ事態に陥る。監督は『ハンガー・ゲーム』シリーズなどのフランシス・ローレンス。『世界にひとつのプレイブック』などのジェニファー・ローレンス、『ラビング 愛という名前のふたり』などのジョエル・エドガートン、『君と歩く世界』などのマティアス・スーナールツらが出演する。

【あらすじ】事故によってバレリーナの道を諦めたドミニカ(ジェニファー・ローレンス)。母親をめぐるやむを得ない事情から、彼女はロシア政府直属の諜報(ちょうほう)機関の一員になる。美貌を生かした誘惑や心理操作で情報を入手する「スパロー」と呼ばれるスパイとして育成された彼女は、瞬く間に才能を発揮する。そして新たなミッションとして、ロシアの機密事項を探るCIA捜査官ナッシュ(ジョエル・エドガートン)への接近を命じられるが……。 

※Yahoo映画より

感想

予想を超えた話の展開にグイグイと惹き込まれました。それもこれもジェニファー・ローレンスの演技があってこそ。他の女優さんでは、ここまでの映画にならなかったでしょう。

スパイものですが、よくある国家や諜報機関同士の争いではなく、ドミニカ(ジェニファー・ローレンス)が自分と母親との生活を守るための話です。

駆け引きと騙し合い、生き残るためなら身内をも欺くスタイルに疑問を感じながら見ることとなります。

モグラ(2重スパイ)を守るCIAのネイト(ジョエル・エドガートン)とドミニカの駆け引きを中心に話が展開していきます。

ネイトは人を駒のように扱うロシアを捨ててアメリカに亡命したら?とドミニカの身を案じながら2重スパイに仕立てようとします。

そのネイトの話に乗っかる形でアメリカから情報を得ることとなるドミニカ。その間に同室の女性が殺されたり、穏やかではない日々を過ごすこととなります。

ロシアはドミニカの行動を作戦なのか、裏切ろうとしているのかわからなくなります。ドミニカだけでなく、関係者も尋問を受けます(上司は射殺されます)

ドミニカよ!お前はどうしたいんだ??

と見ている僕もわからなくなるほど、ジェニファー・ローレンスのスパローぶりは見事です(笑)

彼女をスパローに引き込み、ロシア側の幹部である叔父のワーシャ(マティアス・スーナールツ)も気がつけば彼女に翻弄されるのも納得で、最後は非業の死を迎えることに・・

ロシアの何を知ってる訳ではありませんが、登場するロシア情報局員の国への忠誠心は怖いです。アメリカ側との温度差が極端でロシア側の恐ろしさが際立ってます。

洗脳、もしくは自分と母の命を人質にとられてるからでしょうか?ジェニファー・ローレンスはその忠誠心を死んだような目で演じます。この辺の演技が彼女ならでは!!

最後は突き止めたモグラの正体を晒す場面で、驚愕の大どんでん返しを見せつけれます。

ヘリから覆面を被せられたモグラが降りてきます。その男との正体がわかった瞬間、漫画のように口があんぐりとなりましたので(笑)

ドミニカの復讐の完成です。

この復讐のため、ドミニカが仕掛けた罠や仕込みの数々がフラッシュバックで登場します。

この間の爽快だったこと!!しびれました(笑)

こんな世界に引きずり込んだ男が許せなかったはずですが、自分の才能に気づき、この世界で生きていこうと決意したことを見せつけられます。

この辺の表現はジェニファー・ローレンスならではだったと思います。

養成学校でのできごとは、「本当に存在するのか?」と思うほど凄まじい興味深いものです。ここは見ごたえのあるシーンですが、モザイクなしに「ばーん」と登場するワンシーンに驚かされました。

なかなか見れない事故だと思います(笑)

ちょっと変わったスパイ映画ですが見応え満点です。

彼女は望むべくして国家の武器になった訳ではありませんが、彼女の生きる場所なのかもしれません。

俳優さんたちについて

・ドミニカ(ジェニファー・ローレンス)

彼女のための映画といっても過言ではありません(笑)

ハニートラップを仕掛ける役柄としてビジュアル的に優れた部分だけでなく、彼女の演技力が際立ってるからです。

彼女がドミニカを演じなければ映画は成立しなかったと思います。

昔のアンジェリーナ・ジョリーは違うし、シャリーズ・セロンでも演じきれなかったと思います。シャリーズ・セロンはアトミックブロンドで同じような役を演じてますが、今回のドミニカの境遇の女性は演じきれないでしょう。

そう思うのは僕が彼女の大ファンだから?違うと思います。

彼女は不幸を背負ったような影のある役が上手いですよね・・。目が凄い!!

X-MENのミスティークのような役を彼女にさせたら勿体無いと思うのは僕だけではないと思います。

ハンガー・ゲームでは同じような立場の女性を演じてましたが、監督がフランシス・ローレンスで同じです。監督はジェニファー・ローレンスの良さを知り尽くして起用したのだと思います。グッジョブ!(笑)

・ワーニャ(マティアス・スーナールツ)

バレーの道を経ち、母親の治療費をエサにドミニカを諜報機関に引きずり込んだ張本にです。

最後はドミニカの術中にはまり悲惨な最後となります。ラストは高官らしく職務を全うした一言を残すあたりは良かったですね!

あまり知らない俳優さんですが、ロシアが舞台の映画にプーチン大統領に似の俳優さんはナイスセレクトでした。

意図的ですよね?ホントによく似てます(笑)

総評

矛盾も多々ありますが、ジェニファー・ローレンスの演技が素晴らしいので許せます。

逆に彼女に興味のない方は矛盾が気になるかも?ロシア人同士の会話はロシア語で字幕を使ったほうが良かったと思います。

ここまでの映画ですので、そこをこだわれば尚、良かったと思うのですが・・

最後、ドミニカがヘリで去っていくシーンはサラウンドが楽しめる作りになっています。頭上を旋回して去っていく様子が音で表現されています。

部屋の4角をグルッと回る音作りは楽しめました。

【点数】
内容:9.5点
映像: 8点
音 : 8.5点
総合:9点
※演技、ビジュアルの両方でジェニファー・ローレンスを楽しめます♪
Yahoo映画のページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です